医療業界はRPAで業務効率化!活用事例をもとにメリットを解説!

RPA医療記事アイキャッチ

医療業界では、膨大な事務作業に追われ、業務効率化が急務となっています。そこで注目されているのが、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)による業務自動化です。RPAを導入することで、カルテの入力や保険請求の処理などの定型業務を自動化し、業務の効率化と品質向上を実現することができます。

この記事では、医療業界におけるRPAで自動化できる業務とその導入メリットについて詳しく解説します。RPAを活用して、医療現場の課題解決と生産性向上を目指しましょう。

目次

医療業界におけるRPAの必要性

RPAとは、ソフトウェアロボットを使って業務を自動化する技術DXツールのことです。RPAを活用することで、これまで人の手で行っていた定型的な作業を自動化でき、業務の効率化と品質向上が期待できます

医療業界では、カルテの入力や保険請求の処理など、膨大な事務作業が発生しています。これらの業務をRPAで自動化することで、人的ミスを防ぎ、業務の正確性と迅速性を高めることができます。

ここでは医療業界RPAが必要とされる背景や、医療業界が抱える課題について詳しく解説します。

関連記事:RPAとは?意味や導入事例を簡単にわかりやすく解説!

RPAによる業務自動化が必要とされる背景

医療業界は世界的に人材不足の課題に直面しています。特に日本では、高齢者人口の増加や過酷な労働環境が要因となり、医療従事者の離職率が年々上昇しています。質の高い医療サービスを提供し続けるためには、労働力の確保が急務です。

総務省の国税調査によると、日本の総人口は2008年の1億2800万人をピークに減少傾向にあります。今のままいくと2053年に9920万人、2065年には8800万人まで減少すると予測されており、総人口の40%以上が高齢者になると推計されています。

こうした問題に対処するため、日本政府は働き方改革とDXを推進しています。医療業界においても、Web予約システム、Webメール問い合わせ、チャットボット、Zoomによるオンライン診療、電子カルテの導入など、さまざまなデジタルツールが活用され、業務フローの効率化が進んでいます。しかし、さらなる効率化と自動化が求められています。

このような背景から、医療業界で注目されているのが、定型業務を自動化するRPAと、ツール間の連携を強化するiPaaSです。RPAで煩雑な事務作業を自動化し、医療従事者の負担を軽減することで、医療サービスの質を維持しながら労働力不足に対応することが可能になります。

医療業界が抱える課題とは

医療業界では、下記のようなことが課題として挙げられています。

医療従事者の労働負荷

医療従事者は、患者のケアに加え、膨大な事務作業やデータ管理業務を抱えており、労働負荷が非常に高い状態にあります。これにより、医療従事者のバーンアウトや労働環境の悪化が問題となっています。

医療サービスの品質と安全性の確保

医療サービスの品質と安全性を確保するためには、正確で迅速なデータ管理やプロセスの標準化が必要です。しかし、手作業による業務にはヒューマンエラーが伴い、品質や安全性に影響を及ぼすことがあります。

コスト効率の改善

医療機関は限られた予算の中で、高品質な医療サービスを提供する必要があります。非効率な業務プロセスや重複した作業は、コストの増大を招き、予算管理の課題となります。

\事例を含めて5分でRPAがわかる/

医療業界にRPA導入して自動化できること

医療業界では、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入により、さまざまな業務の自動化が進められています。

これにより、業務効率が向上し、医療従事者の負担が軽減されるとともに、医療サービスの質が向上します。具体的には、カルテの入力と管理、保険請求業務、必要書類の作成などがRPAの導入により自動化されます。それぞれ解説します。

カルテの入力と管理

カルテの入力と管理は、医療現場での重要な業務の一つですが、手作業による入力には多くの時間と労力が必要です。RPAを導入することで、患者の診療情報や検査結果を自動的にカルテに入力し、管理することができます

これにより、医療従事者は手作業による入力ミスを防ぎ、データの正確性を高めることができます

保険請求業務の自動化

保険請求業務は、医療機関にとって非常に重要なプロセスですが、手作業で行うとエラーが発生しやすく、時間もかかります。RPAを導入することで、保険請求書の作成や提出プロセスを自動化し、業務の効率化を図ることができます

自動化により、データの正確性が向上し、保険請求の処理が迅速に行えるようになります。

必要書類の作成

医療機関では、患者に関する様々な必要書類を作成する業務が日常的に発生します。これらの書類作成は手作業で行うと時間がかかり、ミスが発生する可能性があります。

RPAを導入することで、診断書や処方箋、検査結果の報告書など、必要な書類を自動で作成することができます。

関連記事:RPAでできること・できないことを導入事例で解説!

医療業界のRPA導入事例

ここでは実際にRPAを導入して、医療業界の業務を自動化したい事例を紹介します。導入したRPAは、BizteXが提供する「BizteX robop」です。

それぞれ詳しく解説します。

レセプトから電子カルテへ入力する業務を自動化した事例

事務職員・担当医の電子カルテへの入力が一件あたり1分で完了。入力ミスや業務負担を大きく軽減!

医療業界のDX事例や電子カルテフロー

レセプトから電子カルテへ入力する業務をRPAで自動化した事例です。これまでは毎回手作業でログインをし、該当カルテを開き、レセプトの患者データを電子カルテに転記していました。

ここにかなりの工数がかかっており、ヒューマンエラーも発生していました。この電子カルテへの転記作業にRPAを導入することで、一連の業務だけでなく担当医・担当事務への完了通知までも自動化し、一件あたり1分で対応できるようになりました。

電子カルテをもとに訪問リスト作成を自動化した事例

業務効率が大幅に向上。人間による作業は最終チェック作業のみに!

川西ほんわか訪問診療クリニックの訪問リスト作成業務の自動化フロー図

川西ほんわか訪問診療クリニックのBizteX robop導入事例です。 電子カルテ内の一部のデータを取得するのに、毎日手作業でダウンロードしていました。

このタスクをRPAで自動化し、データをダウンロードしてスプレッドシートに転記することで最新の情報をスプレッドシート上で管理できるようにしました。電子カルテのデフォルトの機能ではダウンロードできない情報も、RPAではあれば収集することができるため、 独自のデータベースの作成が可能になりました。

書類作成を自動化し50時間/月の工数削減に成功した事例

600枚以上の書類作成をすべて自動化。より患者さんと向き合えるように。

川西ほんわか訪問診療クリニックの書類作成業務の自動化フロー図

こちらも川西ほんわか訪問診療クリニックのBizteX robop導入事例です。 毎月、約200名の患者情報を1名あたり3〜4つの書類へ手作業でまとめており、50時間ほどかかっていました。

この600枚以上の書類作成業務をRPAで全て自動化したことで、より患者さんへのフォローアップにリソースを割けるようになりました。

▼こちらの導入事例の本編とその他の事例は下記よりご覧ください。
【RPA事例】医療関連書類やリスト作成業務の自動化で月50時間の作業時間を削減【川西ほんわか訪問診療クリニック】
RPA「BizteX robop」の導入事例まとめ

医療業界でRPAを導入するメリット

医療業界にRPAを導入することは多くのメリットがあります。

特にクリティカルなものを3つピックアップし、それぞれ解説します。

業務効率化とコスト削減

RPAを導入することで、医療機関の業務効率が大幅に向上します。

例えば、カルテの入力や保険請求の処理など、時間のかかる定型業務を自動化することで、医療従事者は本来の患者ケアに集中することができます。自動化により、手作業の削減と業務プロセスの標準化が進み、コスト削減も実現できます。

ヒューマンエラーの減少と品質向上

医療業務における手作業は、どうしてもヒューマンエラーが起きてしまいます。RPAの導入により、データ入力や保険請求などの反復的な作業を自動化することで、エラーの発生を大幅に減少させることができます。正確なデータ管理が実現することで、医療サービスの品質も向上します。

これにより、患者の安全性が確保され、医療機関の信頼性も高まります。自動化されたプロセスは、常に一貫性を持ち、高品質なサービス提供ができるようになるでしょう。

医療従事者の負担軽減と満足度向上

RPAは、医療従事者の負担を軽減するための重要なツールです。煩雑な事務作業を自動化することで、医療従事者は患者ケアに専念できる時間が増え、ストレスの軽減につながります。

労働負担の軽減により、医療従事者の仕事に対する満足度も向上し、離職のリスクも低減されます。結果として、医療従事者のモチベーションが向上し、医療サービス全体の質が高まることが期待されます。

関連記事:RPA導入のメリットとは?デメリットや導入効果が出た事例も解説

\事例を含めて5分でRPAがわかる/

医療業界でRPA導入する流れ

医療業界でRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を導入する際の流れは、以下の通りです。

STEP
自動化したい業務の選定
  • カルテの入力と管理
  • 患者予約の管理
  • 保険請求の処理
  • 在庫管理
  • 規制対応業務 など

まずは、自動化することで業務効率が向上し、効果が期待できる業務を選定します。医療現場で時間と労力を消耗する作業に焦点を当てることが重要です。

STEP
要件に沿ったRPAツールの選定
  • 医療業界特有の業務プロセスへの対応
  • セキュリティ面での信頼性
  • 導入後のサポート体制 など

次に、医療業界特有のニーズに対応できるRPAツールを選定します。患者データの取り扱いにおけるセキュリティ対策や、導入後のサポート体制を確認することが重要です。

STEP
トライアルでのテスト導入
  • 無料トライアルの活用
  • 自動化による効果の検証
  • ツールの使用感・操作性の確認

まずは無料トライアルを活用し、選定したRPAツールの効果を検証します。実際の業務に適用し、どれだけ効率化が図れるかを確認します。また、ツールの操作性や使用感も重要なポイントです。

STEP
RPAツールの本格導入
  • RPAベンダーとの協力
  • 現場の業務に合わせた自動化の推進
  • 運用・保守体制の整備

トライアルで効果が確認できたら、本格的な導入を進めます。RPAベンダーと協力し、現場の具体的な業務に合わせて自動化を推進します。また、導入後の運用・保守体制を整備し、継続的なサポートを確保します。

以上のステップを踏まえ、計画的にRPAの導入を進めることが、医療業界でRPAを成功させるポイントです。医療業界の特性を理解し、適切なRPAツールを選定することが重要です。

関連記事:RPAシナリオとは?初心者でも作成できる手順例やポイントを解説

医療業界でRPAの導入を成功させるポイント

医療業界でRPAの導入を成功させるには、以下のようなポイントを確認しましょう。

  • 現場レベルで使えること
  • 導入後のサポートが手厚いこと

それぞれのポイントについて、詳しく解説していきます。

関連記事:
なぜRPAは意味ない・役に立たないと言われるのか?
RPAの導入は失敗しやすい?失敗事例からみる成功のポイント

現場でも扱えるようなUI設計になっているか

RPAは、医療現場の業務効率化に大きく貢献する技術です。しかし、適切に使いこなせなければ、費用対効果を最大化させることはできません。

RPA製品は操作性や使い勝手に差があり、非IT部門のスタッフでも使いこなせるかどうかが重要なポイントです。医療業界では、看護師や事務スタッフなどITに詳しくない職員も多く関わるため、直感的に操作できるインターフェースを備えたツールを選びましょう。

また、社内でRPAの利用方法を共有し、教育する体制を整えることも重要です。医療従事者がスムーズにRPAを活用できるようにすることで、業務の効率化と品質向上が実現します。

運用代行や手厚いサポートがあるか

RPAを初めて導入する際には、不明点やトラブルが多く発生することが予想されます。そんな時に頼りになるのが、RPAベンダーのサポートです。導入前の相談から、導入後の運用・保守まで、手厚いサポートを提供してくれるベンダーを選ぶことが重要です

特に、専任の担当者が付いてくれるサポート体制は非常に心強いものです。RPAに詳しい担当者が、導入時の設定や運用方法についてアドバイスを提供し、スムーズに導入を進めることができます。また、トラブルが発生した際にも迅速に対応してもらえるため、安心してRPAを活用できます。医療業界でのRPA導入成功には、信頼できるサポート体制が不可欠です。

\導入効果を最大化する方法を解説/

医療業界でRPAを導入するならBizteX robopがおすすめ

BizteX robopの紹介画像

BizteXでは、医療業界でも活用できるRPA「BizteX robop」を提供しています。基本的な操作は約2時間で習得可能なため、非IT部門のスタッフでも簡単に使いこなすことができます。実際に、導入企業の約7割が現場部門で活用しており、その効果を実感しています。

さらに、初心者でも理解しやすい学習プログラムや専任担当者による手厚いサポート、運用代行も提供しているため、困ったときにもすぐに問題を解決できます。これにより、医療現場でのRPA導入がスムーズに進行します。

デスクトップ型RPAの「BizteX robop」は、「自社開発ツール」や「独自の管理画面」といったレガシーシステムにも対応しているため、医療機関の既存システムとの連携も容易です。これにより、医療業界での業務効率化が実現し、質の高い医療サービスの提供が可能になります。

\非IT部門でも使いやすく覚えやすいRPA/

医療業界でもRPAで業務自動化

医療業界では、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を導入することで、カルテの入力や保険請求の処理など、膨大な事務作業を自動化できます。これにより、業務の効率化と品質向上が期待でき、ヒューマンエラーの防止や患者対応の迅速化、医療従事者の生産性向上などのメリットがあります。

RPAの導入を成功させるには、使いやすいツールの選定と手厚いサポート体制が重要です。医療業界が抱える課題を解決するためにも、積極的にRPAを活用していきましょう。

\導入効果を最大化する方法を解説/

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

DX hacker編集メンバーが不定期で更新します。
DX推進や業務自動化に役立つ最新情報やすぐに使えるノウハウまで、わかりやすくご紹介します。

目次