Connectでできること
社内の自動化を止めない 連携プラットフォーム

シナリオ例

スプレッドシートに入力されたユーザー情報をアカウント登録する
新入社員のリストをスプレッドシートで作成し、記載された情報からLINE WORKSのアカウント登録を行うことができます。
スプレッドシートからアカウントの組織情報を追加・削除
半期ごとなどの組織変更の際にスプレッドシートに社員の異動先の部署名を入力しておくことで、LINE WORKSのメンバーをの組織変更を追加あるいは削除し、1名ずつ変更する手間を削減することができます。
チャットボットで申請した内容をスプレッドシート連携し、LINE WORKS通知
チャットボットでユーザーが申請した入力内容をスプレッドシートに自動連携し、チャットツールに通知する。
LINE WORKSで問い合わせが発生したキーワードを元にFAQデータを検索し、チャットボットが自動応答
LINE WORKS上での問い合わせ情報を元にチャットボットがFAQデータ(Google Sheets)を検索し、自動で応答します。経費精算や福利厚生といった社内でよくある質問の対応工数の削減と、自動応答による対応スピードの向上を実現します。
Gmailで受信したメールの添付ファイルをLINE WORKSに連携
Gmailで受信した添付ファイルを取得し、LINE WORKSに自動で連携します。メインのコミュニケーションツールがLINE WORKSの企業様において、メールを確認する手間を省くことができます。
スプレッドシートが更新されるたびに通知をLINE WORKSで行う
スプレッドシートが更新されるたびに、LINE WORKSに通知を行うことできます。例えば顧客管理でスプレッドシートを活用している場合には、更新された直後に関係者に通知ができるので情報共有の手間を省くことができます
チャットボットの問合せ情報をMarketoに連携し、LINE WORKSに通知する
チャットボットに入力された顧客情報をMarketoに自動登録し、LINEWORKSに即座に通知を出すことができます。
チャットボット登録情報をPardotに連携し、LINE WORKSで通知
チャットボットに入力された顧客情報をPardotに自動登録し、LINE WORKSに即座に通知を出すことができます。

イベント・アクション

イベント
トークBotで特定のキーワードを検知
アクション
ユーザーアカウントの登録
メンバーの組織情報の追加
メンバーの組織情報削除
トークBotを使ってメッセージ送信
トークBotを使ってファイル・画像を投稿
まずはお問い合わせください
私たちはパートナーを探しています。