BizteX Connect利用規約

この利用規約(以下「本規約」といいます。)は、BizteX株式会社(以下「当社」といいます。)と、当社が提供するサービスである「BizteX Connect」を利用するユーザーとの間の利用契約(第2条に定義)の内容となります。本サービスの提供条件及び当社とユーザーとの間の権利義務関係その他一切の関係が定められています。本サービスの利用に際しては本規約の全文をお読み頂いたうえで、本規約に同意頂く必要があります。

1. 適用

(1) 本規約は、本サービスに関する当社とユーザーとの間の権利義務関係その他一切の関係に適用されます。

(2) 当社ウェブサイト上に掲載される本サービスに関するお知らせ、利用方法、注意事項その他一切の説明事項は、本規約の一部を構成します。

(3) 本利用規約の内容と、前記2の説明事項の内容とが異なるときは、本利用規約の内容が優先して適用されます。

(4) 本サービスのうち外部サービスを介して提供されるサービスについては、当該外部サービスの運営者が提示する規約等が適用されます。ユーザーは、そのことにあらかじめ同意し、外部サービスの利用に際しては、当該外部サービスの規約等も遵守する義務を負うものとします。

2. 定義

本規約において使用する以下の用語は各々以下に定める意味を有するものとします。

(1) 「アカウント」とは、本サービスにログインするためのIDおよびパスワード、メールアドレス、アクセスURL、その他本サービスにアクセスする際に必要となる情報を意味します。

(2) 「アカウント利用者」とは、ユーザーから、本サービスのアカウントを利用するものとして指定された個人を意味します

(3) 「外部サービス」とは、当社または当社以外の事業者が提供している、本サービスの実施に利用される他のサービスを意味します。

(4) 「送信データ」とは、ユーザーが本サービスを利用して送信するデータその他のコンテンツ(文字、数字、画像、動画その他のデータを含みますがこれらに限りません。)を意味します。

(5) 「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)を意味します。

(6) 「当社ウェブサイト」とは、そのドメインが(biztex.co.jp)である当社が運営するウェブサイト(理由の如何を問わず当社のウェブサイトのドメイン又は内容が変更された場合は、当該変更後のウェブサイトを含みます。)を意味します。

(7) 「本サービス」とは、当社が提供する「BizteX Connect」という名称の、アプリケーションを接続し、処理手続きとして定義されたシナリオ を自動化するように設計されたサービス(理由の如何を問わずサービスの名称又は内容が変更された場合は、当該変更後のサービスを含みます。)を意味します。

(8) 「ユーザー」とは本規約を承認のうえ、第4条に定める手続に従い本サービスの利用を申し込み、当社によって本サービスの利用を許諾された法人・団体・個人を意味します。

(9) 「ユーザー損害」とは本サービスの提供の中断、停止、終了、本サービスの利用不能又は廃止、変更、ユーザー又はアカウント利用者が本サービスにおいて送信した情報の削除、消失、アカウントの停止、ユーザー又はアカウント利用者の利用する機器又は設備の故障又は損傷その他本サービスの利用に関してユーザー又はアカウント利用者が被った損害を意味します。

(10) 「ユーザー登録情報」とは第3条に定める「ユーザー登録情報」を意味します

(11) 「利用契約」とは第3条に定める「利用契約」を意味します

3. 利用契約の成立

(1) 本サービスの利用希望者(以下「利用希望者」といいます。)は、当社の定める一定の情報(以下「申込者情報」といいます。)を、当社サイトに設置された申込フォームや申込書、契約書など当社の所定の方法によって提供することによって申込を行うものとします。利用希望者が当該方法により申込みを行わなかったときは、当社は、当該申込みを承諾しないことができます。

(2) 当社は、前記(1)の申込みを受けるに際し、申込みを行った当該利用希望者(以下「申込者」といいます。)に対し、申込者情報が事実であることを確認するための資料又は情報を提供するよう求めることができます。この場合、申込者が当該求めに応じないときは、当社は、当該申込者の申込みを承諾しないことができます。

(3) 当社は、前記(1)の申込みを承諾するか否かを審査し、当社が承諾すると認めたときは、申込者に対し、当該申込みを承諾する旨を通知します。 この場合、当社と、当社より当該申込みを承諾する旨通知を受けたもの(以下「ユーザー」といいます。また、当該ユーザーの申込情報を「ユーザー登録情報」といいます。)との間に本規約の諸規定及び当社が承諾した当該申込みの内容に従った本サービスの利用にかかる契約(以下「利用契約」といいます。)が締結されたものとします。

(4) 当社は、申込者が以下の各号のいずれかに該当するときは、当該申込者の申込みを承諾しないことができます。この場合、当社は、当該申込者に対し、申込みを承諾しない理由を開示する義務を一切負いません。

  • 申込者情報の全部又は一部が事実と異なる場合
  • 申込者が暴力団、暴力団員、暴力団関係企業その他の反社会的勢力(以下「反社会的勢力」といいます。)に該当、所属若しくは関与し又はこれらの疑いがあると当社が認める場合
  • 申込者が過去に本サービスにおいて利用契約上の義務に違反したことがあるもの若しくはその関係者であり又は利用契約上の義務に違反するおそれがあると当社が認める場合
  • 申込者が過去に当社より利用契約を解約されたもの又はその関係者である場合
  • 申込者情報その他の事情により当社が申込者に対する本サービスの提供が困難と判断した場合
  • その他当社が申込者の申込みを承諾するのが相当でないと認める場合

(5) 申込者は当社より前記(3)の通知を受ける時までに利用者情報の全部又は一部に変更が生じたときに、ユーザーは利用契約継続期間中にユーザー登録情報の全部又は一部に変更が生じたときに、直ちに、当社に対し、当社所定の方法により当該変更の内容を通知しなければならないものとします。

4. 利用環境

ユーザーは、自己の責任と負担において、本サービスを利用するために必要な通信機器、インターネット接続契約等を準備するものとします。また、本サービス利用に関わる通信料、接続料等はユーザーが負担するものとします。

5. 責任の制限

(1) 当社は、随時本サービスの機能を変更します。その結果、取得データ、機能性または有用性の喪失が生じることがあるものとし、ユーザーは本サービスに基づき当社がかかる変更を行うこと、および法令に別段の定めがない限り当社はデータ、機能性および有用性の喪失について責任を負わないことについて同意するものとします。

(2) ユーザーは、本サービスを自己の裁量とリスクで使用するものとし、当社はユーザー損害が発生したとしても一切の保証をしません。

(3) 何らかの事由(本規約第14条に定める秘密情報の保護に関する義務違反を除きます)により当社がユーザー又はアカウント利用者に対しユーザー損害を賠償する責任を負うとしても、当社は、当該ユーザー損害につき、過去12か月間にユーザーが当社に支払った金額を超えて賠償する責任を負わないものとし、また、この場合のユーザー損害には、付随的損害、間接損害、特別損害、将来の損害、逸失利益に係る損害は含まれないものとします。当社が何らかのユーザー損害が発生する可能性をユーザー又はアカウント利用者から事前に知らされていたとしても同様とします。

(4) ユーザー又はアカウント利用者が本サービスの利用に関連して当社、本サービスの他の利用者又は第三者に対し損害を与えたときは、自らの費用負担と責任において当該損害を賠償するものとし、当社に対し、当該損害賠償に関していかなる請求もしないものとします。

(5) 当社は、外部サービスと連携して本サービスを提供することがあります。外部サービスについては、当該サービスを提供する事業者が責任を負うものとし、当社は、外部サービスにつき、ユーザーの特定の目的への適合性、商品的価値、正確性、有用性、完全性及び継続性(本サービスとの連携の完全性及び継続性を含みます。)、適法性、ユーザーに適用される団体の内部規則等への適合性、及びセキュリティ上の欠陥、エラー、バグ又は不具合が存しないこと、並びに第三者の権利を侵害しないことについて、いかなる保証も行うものではありません。

6. 利用料金

(1) 本サービスの利用料金は、利用契約に定めるとおりとします。

(2) ユーザーは、利用契約に定める全ての利用料金を支払うものとします。

(3) ユーザーは有効期間内に利用契約が終了した場合でも、残期間における利用料金の支払い義務は免れないこととし、当社がユーザーから受領した利用料金の返済義務を負わないものとします。

(4) ユーザーは、当社に対し、利用契約の定める方法により、また、利用契約に定める支払期日までに、利用料金を支払います。なお、料金の支払いに必要となる振込手数料その他一切の費用は、ユーザーの負担とします。

(5) 利用料金の支払期日が経過したときは、ユーザーが当該支払期日までに当該利用料金の全額を支払っていない限り、ユーザーは、当社に対し、当該利用料金から既払金を控除した残額に対する当該支払期日の翌日から支払済みまで年14.6%の割合による遅延損害金を支払うものとします。

(6) 利用料金の支払期日が経過したときは、ユーザーが当該支払期日までに当該利用料金の全額を支払っていない限り、当社は、当該ユーザーに対する本サービスの提供を停止することができます。この場合、本サービスの提供停止を開始した日の属する月の利用料金は、通常どおり発生し、日割計算による減額、返金は行いません。

(7) 前記(5)及び(6)は、ユーザーが当社に対する利用料金以外の債務の支払を遅滞した場合にも適用されるものとします。

7. 禁止行為

ユーザーは、本サービスの利用に際し、以下の行為を行なってはいけません。また、ユーザーは、当社に対し、アカウント利用者が以下の行為をしないことを保証します。

  • 本システムの複製またはリバースエンジニアリング行為
  • 法令または公序良俗に違反する行為
  • 犯罪行為に関連する行為
  • 本サービスの提供に必要なネットワーク、システム等に過度な負荷をかける行為その他本サービスの正常な運営を妨げる行為又はそのおそれのある行為
  • 本サービス又は当社が提供する本サービス以外のサービスの正常な運営を妨げる行為又はそのおそれのある行為
  • 本サービス又は当社が提供する本サービス以外のサービスの社会的な信用、信頼、評判等を毀損する行為又はそのおそれのある行為
  • 他のユーザーに関する個人情報等を収集または蓄積する行為
  • 不正アクセス行為、他のユーザーに成りすます行為
  • 当社のサービスに関連して、反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為
  • 当社または第三者の著作権、商標権、特許権等の知的財産権、名誉権その他法令上または契約上の権利を侵害する行為
  • 類似または同様の問い合わせを必要以上に繰り返す行為、当社に対し不当な要求をする行為
  • 前各号の行為を、直接又は間接に惹起し又はこれを容易にする行為
  • 前各号の行為を試みる行為
  • その他当社が不適切と判断する行為

8. アカウント

(1) ユーザーは、アカウント利用者に本規約の内容を遵守させるとともに自己の責任において、アカウント利用者にアカウントを適切に管理・保管させるものとし、これを第三者に開示し又は利用させる行為、貸与、譲渡、売買、担保提供する行為等をさせてはならないものとします。

(2) 当社は、ログイン時に使用されアカウントが登録されたものと一致することを所定の方法により確認した場合、当該ログインした者を真正なアカウント利用者とみなします。

(3) アカウント利用者によるアカウントの管理不十分、使用上の過誤、不正使用等によってユーザーまたはアカウント利用者が損害を被ったとしても、当社は一切責任を負わないものとします。

9. 利用の制限

(1) 当社は、以下の場合には、事前の通知なく、ユーザーに対して、本サービスの全部もしくは一部の利用を制限し、アクセスを遮断したりすることがあります。

  • 本規約のいずれかの条項に違反した場合
  • 不正アクセスなど違法行為があった場合
  • 過剰に負荷をかける利用などサービスの運営に支障をきたす場合
  • スパム行為や嫌がらせ行為など、本規約第7条(禁止事項)で定める禁止行為があった場合
  • その他当社が不適切だと判断した場合

(2) 当社は、本条に基づき当社が行った行為によりユーザーに生じた損害について、一切の責任を負いません。

10. 本サービスの変更・停止・終了

(1) 当社は、以下の各号に定める事由のいずれか1つに該当するときは、本サービスの一部または全部を事前の予告なく停止することができるものとします。

  • 本サービスを提供するために必要なシステム等のメンテナンス、電気通信設備の保守、工事等、その他本サービスを提供するためのシステム、電気通信設備等の必要なものに障害が発生し又はその可能性を防止するために当社が必要と認めたとき
  • 本サービスに著しい負荷が与えられることその他の事由により本サービスを正常に提供することが困難であると当社が認めたとき
  • 本サービスに関するデータの改ざん、ハッキング等により、当社が本サービスを提供し続けることによりユーザー又は第三者等に損害が発生するおそれがあると当社が認めたとき
  • 地震、津波、台風、落雷その他の天災地変、戦争、内乱、法令の制定改廃その他の不可抗力又はこれらに類する事由によりやむを得ないと当社が認めたとき
  • その他当社が本サービスの全部又は一部の提供を停止する必要があると認めたとき

(2) 当社は、自己の裁量により、本サービスの提供を終了することができるものとします。

(3) 当社は、前記(2)に定める事由による本サービスの中断、停止又は終了に起因し、ユーザー又は第三者に損害が生じた場合であっても、一切責任を負わないものとします。

(4) 本サービスを終了するこの場合、当社は、ユーザーに対し、当社所定の方法により事前に通知します。

11. 有効期限

(1) 利用契約の有効期間は、本サービスの利用開始日から1年間とします。

(2) 利用契約は、有効期間満了日の1か月前までに当社又はユーザーが相手方当事者に対し当社所定の方法による別段の意思表示をしない限り、自動的に更新されるものとし、以後も同様とします。この場合、更新された利用契約の有効期間は、更新前の利用契約の有効期間と同様とします。

12. 存続

第5条(責任の制限)、第8条(アカウント)(3)、第9条(利用の制限)(2)、第10条(本サービスの変更・停止・終了)(3) 、本条(存続)、第13条(知的財産権の帰属等)、第14条(秘密保持)、第15条(個人情報の取り扱い)、第18条(反社会的勢力の排除)(3)、第19条(本規約の譲渡等)並びに第20条(準拠法・管轄裁判所)の規定は、本サービスの終了または期間満了による終了後も存続するものとします。

13. 知的財産権の帰属等

(1) 本サービスに関連するすべてのプログラム、ソフトウェア、画像、図面、ドキュメント、マーク・ロゴ等に関する著作権をはじめとする一切の知的財産権は、当社又は当社にライセンスを許諾する者に帰属します。当社がユーザー及びアカウント利用者に対し本規約に基づいて本サービスの利用を許諾することは、本サービスの利用に必要な範囲を超えて上記知的財産権のライセンスを意味するものではありません。

(2) ユーザー及びアカウント利用者は、当社に対し、本サービスにおいて送信する情報につき適法な権利を有していること、及び、当該情報が第三者の権利を侵害するものではないことを表明し、保証します。

(3) ユーザーは、送信データについて、シナリオの実行その他の本サービスの提供に必要な範囲にて、当社に対し、送信データを閲覧、複製、分析、加工その他の使用を行う権限を無償で付与します。

(4) 前項にかかわらず、送信データ及び送信データによりシナリオ を実行する過程で当社が取得した情報(以下「データ等」といいます。)につき、当社は、本サービスの向上及び改善に必要な範囲で当社内にて無償で使用することができ、かつ、これらのデータ等を個別のユーザーや個々のデータの詳細が特定できない方法にて加工した上で、当該加工したデータを本サービス又はこれに関連する事項に関する分析(機械学習を含みます。)、情報提供その他の目的のために無償で利用(第三者に対する提供・公開を含みます。)することができるものとし、ユーザーは予めこれを承諾するものとします。

(5) ユーザーは、前二項の範囲におけるデータ等(前項に基づき当社が加工したデータを含みます。)の利用につき、当社及び当社から権利を承継し又は許諾された者に対して著作者人格権を行使しないことに同意するものとします。

14. 秘密保持

(1) 本規約において、「秘密情報」とは、当社及びユーザーが、相手方より書面、口頭、記録媒体その他方法の如何を問わず提供又は開示された、相手方の技術、営業、業務、財務、組織、その他の事項に関するあらゆる情報で、秘密であると指定されたもの、並びに本サービスの内容を意味します。各当事者の秘密情報には、利用契約の条件(価格が含まれます)、及び各当事者が開示する、事業・マーケティング計画、テクノロジ・技術情報、製品の計画・設計、ビジネスプロセスが含まれます。但し、以下の各号に該当するもの(但し、本サービスの内容を除きます。)は秘密情報に含まれません。

  1. 相手方から提供又は開示がなされたとき、既に公知となっていた、又は自己において秘密保持義務を負うことなく既に知得していたもの

  2. 相手方から提供又は開示がなされた後、自己の責に帰せざる事由により公知となったもの

  3. 提供又は開示の権限のある第三者から秘密保持義務を負わされることなく適法に取得したもの

  4. 秘密情報によることなく単独で開発したもの

  5. 相手方から秘密保持の必要なき旨書面で確認されたもの

(2) 秘密情報の保護

  1. 当社及びユーザーは、相手方の秘密情報を善良なる管理者の注意をもって取り扱い、相手方の事前の書面による承諾なしに、秘密情報を利用契約の目的以外に利用しないものとします。

  2. 当社及びユーザーは、相手方の事前の書面による承諾なしに、当該秘密情報を知る必要のある最小限の自己の役員、従業員(派遣従業員を含む。)、弁護士、公認会計士、税理士以外の者に開示しないものとし、秘密情報を開示する場合は、当該被開示者に対して本条に定めるものと実質的に同等の義務を負わせるものとします。

  3. 当社は、当社が本サービスを利用契約に基づく当社の義務をユーザーに履行するために必要な限度で、再委託先に対して、本条に定めるものと実質的に同等の保護を提供する秘密保持の条件に基づいて開示することができます。

  4. 当社およびユーザーは、法令による場合、又は裁判所若しくは政府機関その他公的機関による命令、要求若しくは要請がある場合は、当該命令等に従うために必要な限度において秘密情報又は前条の事項を開示することができます。但し、この場合、開示を行った当事者は開示した旨を速やかに相手方に通知するとともに、相手方の合理的な指示に従うものとします。

  5. 当社およびユーザーは、相手方から求められた場合にはいつでも、遅滞なく、相手方の指示に従い、秘密情報、秘密情報を記載又は包含した文書及び記録媒体等並びにそれらの全ての複製物について、返却、廃棄その他の処分をなすものとし、相手方の要請に基づきその証明書を交付するものとします。

(3) 本条の規定は、利用契約の終了に拘らず、利用契約の有効期間中及び利用契約の終了時から1年間は利用契約の規定が有効に適用されるものとします。

15. 個人情報の取り扱い

(1) 当社の個人情報の取り扱いについては、「プライバシーポリシー」に定めるとおりとします。ユーザーは、当社がユーザーの登録情報及び送信データに含まれる個人情報をこのプライバシーポリシーに従って取り扱うことに予め承諾するものとします。

(2) 当社は、本利用契約の終了後も、プライバシーポリシー記載の利用目的の範囲内で個人情報を利用できるものとします。

16. 変更

当社は、本規約の全部又は一部を変更することができます。当社は、本規約を変更する場合には、ユーザーに当該変更内容及び変更の効力発生時期を通知又は周知するものとし、当該効力発生時期以降に、ユーザーが本サービスを利用した場合又は当社の定める期間内に本サービスの利用の停止に関する当社所定の手続を行わなかった場合には、ユーザーは、本規約の変更に同意したものとみなします。

17. 連絡・通知

ユーザーと当社との間の通知または連絡は、当社の定める方法によって行うものとします。

18. 反社会的勢力の排除

(1) ユーザーは、当社に対し、ユーザー又は当該ユーザーが指定するアカウント利用者が次の各号に定める事由のいずれにも該当しないことを表明し、保証します。

  • 自己又は自己の役員若しくは従業員が反社会的勢力でなくなった時から5年を経過していないこと
  • 自己又は自己の役員若しくは従業員が、現在において、及び、将来にわたり、反社会的勢力に該当し又は反社会的勢力又はこれに関与している者と社会的に非難されるべき関係を有すること
  • 現在において、及び、将来にわたり、反社会的勢力又はこれに関与している者が経営を支配し若しくは経営に関与し、反社会的勢力又はこれに関与している者を利用し若しくはこれらの者に資金等を提供したり便宜を供与したりするなどの関係を有すること
  • その他上記各事由に準じる場合

(2) 当社は、ユーザー又は当該ユーザーが指定するアカウント利用者が上記(1)の表明・保証に反することが判明したときは、催告その他の手続なくして直ちに、利用契約を解除することができます。

(3) 当社は、ユーザー又はアカウント利用者に対し、上記(2)に基づき行った行為により当該ユーザー又は当該アカウント利用者に損害が発生したとしても、これを賠償する責任を一切負いません。

19. 分離可能性

本規約のいずれかの条項又はその一部が消費者契約法その他の法令により一部無効又は執行不能と判断された場合であっても、当該条項及び当該条項の一部以外の本規約の定めは、すべて継続して完全に効力を有するものとします。

20. 本規約の譲渡等

(1) ユーザーは、当社の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位又は本規約に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。

(2) 当社は本サービスにかかる事業を第三者に譲渡(事業譲渡、会社分割その他態様の如何を問わないものとします。)した場合には、当該譲渡に伴い利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びにユーザーの登録情報その他の顧客情報を当該譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、ユーザーは、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。

21. 準拠法・管轄裁判所

(1) 規約及び利用契約その他本サービスに関する準拠法は、日本法とします。

(2) 本規約又は利用契約その他本サービスに関して紛争が生じたときは、訴額に応じて東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的管轄裁判所とします。

22. 規定外事項の協議解決

本規約に定めのない事項または本サービス利用中に疑義の生じた事項については、当社とユーザーは、互いに誠意をもって協議のうえ解決を図るものとします。

2020年5月11日 制定