• 作成
    更新

    【2021年 最新書籍】本で学ぶデジタルトランスフォーメーション・DX【おすすめ5選】

    いま日本では経済産業省によるDXが推進されていますが、どのように取り組めばよいのかわからないといった企業担当者も多いでしょう。書店には何冊ものDX関連書籍が並びますが、あまりにも多すぎてどの書籍を手を取ればよいのかわからない――といった声も。そこで本記事ではDXを推進したい企業経営者、担当者におすすめの本をご紹介します。

  • 作成
    更新

    【建設・製造業界クラウドRPA|cobit導入事例】老舗企業のDX。250時間分の転記作業をRPAで自動化【株式会社カクイチ】

    創業135年の老舗企業でありながら、業務フローをIoT化し、めざましいDXを実現した株式会社カクイチ。今回は、2021年4月よりクラウドRPA「BizteX cobit」を活用している同社の管理部部長・佐藤琢自さん、管理部・黒田温子さん、そして奥田はと枝さんに、BizteX cobitの導入効果やサポート対応満足度についてお話を伺いました。

  • 作成
    更新

    【不動産業界のDX】業務自動化で残業時間削減・生産性向上を実現する方法!

    不動産業種は、業界全体としてDX化のおくれが見られる業界です。物件情報の確認や登録のほか、申込書、賃貸借契約書、契約添付書類なと、契約前後に作成する書類は4~5種類にも及びます。一契約につきこの量ですから顧客数を考えればその対応数は膨大です。DX化が進む他業界からみれば非効率的ではありますが、発行した書類は添付書類と合わせて管理しなければならないのが実情です。本記事ではRPAを使って不動産業界における業務を自動化する方法を解説します。

  • 作成
    更新

    【食品業界EC領域クラウドRPA|cobit導入事例】受注業務や納品予約・販促申請業務を簡易化【カゴメ株式会社 営業本部広域営業部EC・特販グループ】

    カゴメ株式会社 営業本部広域営業部EC・特販グループ では、 2020年4月にRPA「BizteX cobit」を導入して以来継続してご利用いただいています。「導入の決め手は、手軽なコスト感と直観的に操作できるUI、二段階認証の突破が備わっている点」と話す同グループ のマネージャー 重友大輝さんにお話を伺いました。

  • 作成
    更新

    【RPA活用事例まとめ】BizteX cobitの導入効果とは【業界別】

    国内初クラウドRPA「BizteX cobit」(ビズテックス コビット)は、クラウドを活かした業務自動化ソフトウエア。①プログラミング知識を必要としない②webブラウザの立ち上げで利用可能③スモールスタート可能――といったこれまでのRPAツールにはない特長を持っています。UIデザインにこだわり、2018年にはグッドデザイン賞を受賞。さらにRPAの導入がはじめてという方も安心してご利用いただけるように、専任のCS(カスタマーサクセス)がついており、ロボットの使い方や管理方法など導入から運用部分まで徹底サポート。 本記事ではRPA導入をご検討中の方に向けて、国内初のクラウドRPA「BizteX cobit」をご紹介します。

  • 作成
    更新

    【業務効率化ツール】受発注システムの導入で削減されるコストと選び方【相談無料】

    受注管理業務を電話やFAXでやり取りし、それを紙の伝票に書き写したり、人力でExcelなどを利用して管理している企業は少なくありません。本記事では、受発注システムの導入検討をされている企業・担当者に向けて、受発注システム導入時の判断ポイント、あわせて選定ポイントを解説します。

  • 作成
    更新

    【受注・発注業務をDX】受発注システムとは?導入メリットを解説【相談無料】

    業界を問わず発生する受発注業務。いまだFAXや電話を使用した受発注業務に不便を感じている方も多いのではないでしょうか。とはいえ「現状の運用方法に問題ないから、受発注のシステム化は不要」と、効率化から目を背けている方もいるでしょう。本記事では、受発注システムとはどのようなものか、導入メリット、おすすめのシステムについて解説します。

  • 作成
    更新

    2022年電子帳簿保存法改正のポイントとは?経理業務のペーパーレス化をすすめよう【相談無料】

    2021年3月31日に 公布された改正電子帳簿保存法施行規則。国税関係帳簿書類は、ビジネスの場面で欠かすことのできないものです。現在国を挙げて推しすすめられている企業のDX化を促進するためにも、紙書類の電子化やペーパーレス化への対応は必須といえるでしょう。 本記事では、電子帳簿保存法とはどのようなものか、2022年1月から施行予定の電子帳簿保存法改正要件と企業がペーパーレス化に対応するためのポイント、経理業務を自動化する方法などをわかりやすく解説します。

  • 作成

    【DX】給与計算業務|作業の流れから考える効率化の方法とは【相談無料】

    「今月も何とか乗り切った」。毎月、給与計算業務から開放されるたびに、こんな感想をいただくご担当者様も少なくないと思います。給与計算業務は会社の規模や業種に関わらず共通部分が多く、法律で計算式が決められている部分も多いため、歴史的にシステム化が進んでいる領域。一方で間接部門にあたり、配置する人員を抑え、業務効率化がなかなか進まない部署とも言えます。また、ノウハウの属人化により業務負荷の軽減が難しいと考えている企業も多いでしょう。 本記事では、実際の給与計算業務の流れを踏まえながら、給与計算システムと他システムの連携により業務効率化を図る方法を解説します。

  • 作成
    更新

    【基本】DXとは?わかりやす意味やITとの違い、ツールをわかりやす解説【相談無料】

    DXは(デジタルトランスフォーメーション)の略で、日本語に訳すると「デジタル技術を浸透させることで、人々の生活をより良いものへと変革する」となります。企業は「IT技術やデータを活用して、会社組織やビジネスモデルを改革し、サービスの提供方法を変えていく」と捉えるべきでしょう。本記事では、企業にとってのDX(デジタルトランスフォーメーション)とは、DXの基本からメリット、企業をDXさせる技術についてわかりやすく解説していきます。