• 作成
    更新

    【DX】広告運用業務を自動化する方法とは?確認・レポート作成の工数を大幅削減【RPA・iPaaS】

    複数企業の案件管理が発生する広告運用業務。一つの企業だけでも複数媒体の確認作業が発生することも多く、日次・週次レポートの作成対応がある場合には、件数ぶんのレポート作成が必要になります。本記事では、これらをiPaaSやRPAに任せることで、作業工数を削減し、業務改善や生産性向上につなげるためのポイントを解説していきます。

  • 作成
    更新

    【初心者向け】バックオフィス業務自動化の進め方・事例を解説!効率化のポイントとは?【iPaaS・RPA活用】

    BizteXでは、APIを使ってサービスやアプリ同士を安全に繋ぐiPaaSやクラウド型とデスクトップ型の2種類のRPAを開発しています。本記事では、バックオフィスでの利用が進むクラウドサービスをより効率的に活用する方法について、事例とあわせて解説します。 業務自動化・業務改善をご検討中の方はぜひ参考にしてください。  

  • 作成
    更新

    【RPA活用セミナーレポート】RPA選定を失敗させないオンラインセミナー~スマートにローカル上やWEB上の定型業務を自動化し課題解決!~ 

    BizteXでは業務自動化やシステム連携、RPA導入に向けた無料セミナーを実施しています。今回は、2022年1月25日に実施した「RPA選定を失敗させないオンラインセミナー」のレポートを公開します。導入をご検討中の方に向けて、RPAが注目される理由や種類・できること、導入費用対の考え方について解説していきます。  

  • 作成
    更新

    不動産業界のRPA事例|導入効果や活用例をわかりやすく解説!

    不動産と一言でいっても、開発や賃貸管理、仲介など、その業務は多岐に渡ります。なかでも顧客の目に留まる物件情報の更新や問い合せ対応、競合他社調査といった毎日のデスクワークは欠かせないもの。労働人口の減少に伴い人手不足が業界全体の課題となっている不動産業界で、いま注目が集まるのがRPAです。本記事では、不動産業界におけるRPA活用例や導入事例をわかりやすく解説します。

  • 作成
    更新

    会計ソフトfreee会計を簡単API連携で業務自動化!DXする方法【iPaaS BizteX Connect】

    中小企業から大企業まで導入がすすむ会計ソフト『freee会計』。GoogleDriveやGmail、boxなどとのシステム連携で、さらなる業務効率化が可能です。本記事ではプログラミングの知識がない方でも簡単に操作できるシステム連携ツールiPaaS『BizteX Connect』を用いた業務自動化例をご紹介します。

  • 作成
    更新

    【建設・製造業界クラウドRPA|cobit導入事例】老舗企業のDX。250時間分の転記作業をRPAで自動化【株式会社カクイチ】

    創業135年の老舗企業でありながら、業務フローをIoT化し、めざましいDXを実現した株式会社カクイチ。今回は、2021年4月よりクラウドRPA「BizteX cobit」を活用している同社の管理部部長・佐藤琢自さん、管理部・黒田温子さん、そして奥田はと枝さんに、BizteX cobitの導入効果やサポート対応満足度についてお話を伺いました。

  • 作成
    更新

    【不動産業界のDX】業務自動化で残業時間削減・生産性向上を実現する方法!

    不動産における契約業務では、物件情報確認・登録のほか、申込書、賃貸借契約書、契約添付書類など、一つの契約で作成する書類は4~5種類に及びます。DX化が進む他業界からみれば非効率的ですが、発行書類は添付書類と合わせて管理しなければなりません。本記事ではRPAを使って不動産業界における業務を自動化する方法を解説します。  

  • 作成
    更新

    【iPaaS導入事例】選び方のポイントや連携による自動化例をわかりやすく解説【国産製品BizteX Connect】

    海外IT先進国から遅れをとること10年。日本でも国産iPaaSの登場をきっかけに、SaaS連携による自動化ブームが到来しています。差し迫る高齢化社会や労働人口減少を考慮すれば、企業が競争力を損なわずに存続するうえで不可欠なもの。本記事では、iPaaSの基本や業務自動化例、ツール選びのポイント、導入事例などを紹介します。

  • 作成
    更新

    【食品業界EC領域クラウドRPA|cobit導入事例】受注業務や納品予約・販促申請業務を簡易化【カゴメ株式会社 営業本部広域営業部EC・特販グループ】

    カゴメ株式会社 営業本部広域営業部EC・特販グループ では、 2020年4月にRPA「BizteX cobit」を導入して以来継続してご利用いただいています。「導入の決め手は、手軽なコスト感と直観的に操作できるUI、二段階認証の突破が備わっている点」と話す同グループ のマネージャー 重友大輝さんにお話を伺いました。

  • 作成
    更新

    【RPA活用事例まとめ】BizteX cobitの導入効果とは【業界別】

    国内初クラウドRPA「BizteX cobit」(ビズテックス コビット)は、クラウドを活かした業務自動化ソフトウエア。①プログラミング知識を必要としない②webブラウザの立ち上げで利用可能③スモールスタート可能――といったこれまでのRPAツールにはない特長を持っています。UIデザインにこだわり、2018年にはグッドデザイン賞を受賞。さらにRPAの導入がはじめてという方も安心してご利用いただけるように、専任のCS(カスタマーサクセス)がついており、ロボットの使い方や管理方法など導入から運用部分まで徹底サポート。 本記事ではRPA導入をご検討中の方に向けて、国内初のクラウドRPA「BizteX cobit」をご紹介します。