• 作成
    更新

    【テレワーク】勤怠管理の方法と課題とは。システム連携で効率化を図ろう

    ここ最近の傾向を受けてリモートワークを推進する企業も増えてきていますが、そこで煩雑化、複雑化した業務のひとつが勤怠管理です。例えば、出社時は打刻、リモート出社時は別のシステムを利用していた場合、社員の勤怠管理をまとめるのは今まで以上に労力を必要とします。そこで活用したいのがiPaaSで、導入により打刻の効率化、さらに出勤チェックの可視化が期待できます。