• 作成

    企業競争力を高める営業支援ツールの導入のポイントをご紹介

    営業支援と言われて頭に思い浮かぶのは営業アシスタントや営業支援ツール、営業支援システムでしょうか。営業時に必要かつ膨大な時間を要する見積書などの営業事務などの業務を分担することで業務負担・負荷を分散することは、企業の競争力を高めために必要不可欠。どんな選択をすべきか、営業支援を効率化する方法をご提案いたします。

  • 作成
    更新

    【中小企業】即効性あり!使える業務効率化のアイデアと成功のポイント

    差し迫る労働人口の減少に、リモートワークの浸透なども相まって、特に中小企業においては社内に在籍する人的リソースをどれだけ有効に活用できるかがシビアに求められてきます。端的に言えば、少ない人間でいかに生産性を維持、向上していくか。そこで課題となってくるのが業務の効率化となります。ここでは中小企業が「最初の一歩」として取り組みやすい業務効率化の方法をご提案いたします。

  • 作成
    更新

    RPA導入の第一歩に。無料RPAツール「UWSC」の基本を解説

    RPAに興味を持ち、日々の事務作業などに追われるご担当者の方にとって、業務改善を検討している中で幾度となく「UWSC」というキーワードを目にする機会があると思います。この「UWSC」とはどんなものなのか。RPAとはどう違うのかについて説明します。

  • 作成
    更新

    意外と知らないデジタライゼーション。DXとの違いとは

    労働人口の減少ほか、働き方改革の実現に向けて業務効率化に注目が集まる中「デジタライゼーション」という言葉を耳にしたことはありませんか? 実はデジタライゼーションとは今後のその先にある概念なのです。今回は、デジタライゼーションとは何か、と同時に混同しやすい、デジタイゼーションとDXについても詳しく解説します。

  • 作成
    更新

    RPAの国内導入が進む中、同時にプロセスマイニングに注目が集まる理由とは

    RPAの導入を検討する際、「業務のどの部分を自動化するか」「自社のどの部分が業務改善の対象となるのかを明らかにする」という部分がポイントとなります。一方でこの問題となっている箇所の洗い出しや、原因の所在を見つけ出すのに苦労している担当者も少なくないでしょう。そこで今回は定量データから業務改善ポイントを可視化するプロセスマイニングについて触れてみたいと思います。

  • 作成
    更新

    RPA導入後の運用体制を適性診断で事前把握!

    RPAを使って業務の自動化を検討する際には、導入するツールだけでなく、導入後の活用方法まで考えておく必要があります。ただ、社内にRPAの活用経験がある人がいるケースは少なく、「実際にRPAをうまく活用できるか不安、、」という方も多いのではないでしょうか。 本記事ではそのような方に向けて、RPAの最適な運用体制について解説します。

  • 作成
    更新

    導入前、商談前に読んでおきたい「RPA」の基本と仕組み

    近年、各社のRPAの導入が進んでいます。この流れを汲んで自社へのRPA導入を検討している担当者の方も少なくないでしょう。RPAの導入によってどんな効果が自社にもたらされるのでしょうか。ここでは、RPAの導入前、商談前に知っておきたいこと、事前に準備しておくべくことをご紹介します。導入してみたけど、効果が実感できないとお考えの担当者の方も必見です。

  • 作成
    更新

    最近話題の業務自動化とは? 費用対効果や導入時のコツを解説!

    日常の定型業務を自動化したいけど、何から始めればいいのかわからない。そんな方に向けて、本記事ではRPA(ロボットによる業務の自動化)について体系的に解説していきます。 実際に業務の自動化を検討する上で重要な「投資対効果」や「知っておくべき注意点」についても扱っておりますので、ぜひご検討する際に参考にしてみてください。

  • 作成
    更新

    コールセンターの電話対応をラクに!RPAの導入メリットや自動化の活用事例

    多くのコールセンターでは、オペレーター不足に悩んでいます。そこで有効なのが、RPA導入による業務効率化(電話対応の一部の自動化など)です。本記事では、コーセルセンター業務にRPAがどう役立つのかを事例を交えて紹介します。

  • 作成
    更新

    【DX】企業が取り組む業務効率化の4つの方法と選び方【相談無料】

    業務無効率化のための4つの方法を紹介し、そのうえで自社に最適な方法を見極めるための選び方を解説していきます。まずは業務効率化について体系的に学び、各方法の特徴を抑えた上で業務を効率化してさらなる売上の向上につなげましょう。