作成
更新
キーワード
, , , , ,

RPAでできること、できないこととは?おすすめRPAツールを紹介!

DXを推進する上で導入検討されるRPA。本記事ではRPAでできること、できないことをわかりやすく解説します。記事の後半では、サポート体制の整った安心安全の国産RPAを2つご紹介します。すぐにダウンロードできる業界別活用事例資料もご用意しておりますので、RPAによる業務効率化をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

LINEで送る
Pocket

RPAとは?

RPA(Robotic Process Automation)とは、簡単にいえば「人間の代わりに業務をこなしてくれる自動化ツール」のことです。

・決まった手順の定型業務
・繰り返しおこなうルーティンワーク

などの自動化が得意で、主にPC上でおこなう事務作業の分野で導入が進んでいます。

業務をこなすソフトウェアは通称「ロボット」と呼び、業界や業務に関わらず、さまざまなパターンのロボットを作成可能です。
複数のシステムをまたがった作業の自動化が可能になるため、作業時間を短縮したり、ヒューマンエラーを削減したりなどの生産性向上が期待できます。

RPAでできることとは?

RPAでどのようなことができるのか気になる方も多いでしょう。
RPAの得意分野は、毎日繰り返しおこなわれる業務規則通りに処理する単純作業です。いわゆる、マニュアルが存在するようなデスクワークがそれにあたります。

たとえば、下記のような業務がRPAの得意分野です。

 ▼ロボットの得意分野例▼

・データ入力業務
・データ転記業務
・コピー&ペースト業務
・Web検索などの情報収集業務

・スクリーンショット
・指定フォルダへのデータ格納
・レポート作成業務
・データ 集計業務
・データ集約業務
・データ加工業務
・データ保存業務
・メール、メッセージ送付
・照合業務  

・書類印刷
・報告書作成
・請求書 領収書 納品書の作成
・経費精算処理
・新入社員のアカウント登録、作成業務
・反社チェック業務

etc

RPAのロボットができることはまだまだありますが、挙げればきりがありません。
これらの業務は企業活動において必ず発生するうえに重要なものでありながら、人為的ミスが起こりやすい業務でもあります。

RPAを使えば、普段活用している業務管理ツールへの入力であったり、メールの送付、受信メールに添付されたファイルの保存・格納作業など、毎日繰り返しおこなわれているこれらの業務を自動化することができるのです。

以下では、RPAでできることの具体例を3つご紹介します。

【RPAでできることの具体例】定型業務(ルーティンワーク)の自動化

RPAの活用例▶請求書・領収書・納品書の作成を自動化

RPAを導入している企業がもっともロボットを活用しているのが、定型業務の自動化です。

決まったフォームに入力する請求書や領収書、納品書などの作成業務は定型業務にあたります。
毎日発生するこれらの定型業務は、決まった業務フローで日々すすめられるもの。業務フローや作業手順がルーティン化されており、専門的なスキルを必要としないためマニュアル化が可能です。このように、誰が対応しても同様の結果を残せるような業務をロボットに任せることで、人件費やリソースの有効活用を図ることができます。

【RPAでできることの具体例】 返答内容が定まっているメール問い合わせ対応の自動化

RPAの活用例▶メール・フォームで受信した問い合わせの返信・入力・共有を自動化

あらかじめ返答(回答)内容が定まっているようなメール対応業務であれば、ロボットでの対応が可能です。

事前に返答(回答)内容を設定しておくことで、対象のメールを受信したさいに、自動的に設定文章を送付します。受信した問い合わせ内容を、ふだん活用している業務管理ツールはもちろんのこと、Excelやスプレッドシートなどに自動転記することも可能。返信、入力、共有を自動化することで業務効率を向上することができます。

【RPAでできることの具体例】データ収集・競合他社調査業務を自動化

RPAの活用例▶競合他社のWebサイトや所定のキーワード検索結果一覧のキャプチャを自動取得、データを自動保存

競合他社の動向確認などで毎月膨大なWebサイトを調査している場合は、ロボットによる自動化で大幅な効率化が期待できます。

マーケティングにはかかせない競合調査業務においては、キーワード検索やスクリーンショット、転記、保存作業などの反復処理が多く発生します。ロボットを活用することで、競合他社のWebサイトや所定キーワード検索結果一覧のスクリーンショット、データを自動で取得し、さらに取得データの転記、画像データをboxやGoogleDriveなどのストレージや、デスクトップ上のフォルダに自動保存することも可能です。
RPAのロボットに代行させることで、社員の時間・リソースをよりクリエイティブな業務にあてられるようになります。

\今すぐ資料をダウンロード!/

RPAでできないこととは?

これまで、RPAでできることの具体例を3つご紹介しました。では、逆にRPAではできないこと、RPAで自動化するのに適さないは業務は、どのようなものでしょうか。

RPAで自動化できないケースとしてあげられるのが、ルール化されていない非定型的な業務や、思考・判断が必要になる業務です。

RPAはロボットであるため、人間のように考えることはできませんし、臨機応変に対応することもできません。あくまでも定型的な業務を自動化するツールであるというわけです。

RPA導入後に失敗しないために、導入検討時にすべきこと

RPAを導入を検討する際には、どの業務でRPAを活用していくのか、業務の洗い出しをおこないましょう。

これにより、定型業務をロボットにまかせて、非定型業務を人間がおこなう――というようにそれぞれの役割を持つことで効果的な活用ができるようになります。

【RPAの種類】クラウド型・デスクトップ型・サーバ型

RPAツールには、大きく分けて3種類あります。

1. クラウド型
インターネット上でサービスを利用する形態のRPAです。
日本初のクラウドRPAは「BizteX cobit」。利用者も多く、使いやすいUIが特長
(ネット環境があればどこでも・だれでも利用可)

2.デスクトップ型
パソコン端末にインストールし、導入・運用する形態のRPAです。
これまでは開発が必要なものが主流だったが、開発不要で誰でも簡単に扱えるRPA(robop)が登場。
(セキュリティ面に強く、自由なカスタマイズ・連携が可)

3. サーバ型
自社サーバ内に設置し、導入・運用する形態のRPAです。
開発が必要なため、複雑なプログラミング知識を必要とします。
(セキュリティ面に強く、自由なカスタマイズ・連携が可)

サーバ型のRPAは費用が高く、開発コストやプログラミング知識が必要となるため、導入検討時にはその費用対効果をしっかりと確認しましょう。

近年では、低コストで使い勝手のいいクラウド型RPAやテスクトップ型RPA が登場し、効率化を進めるべく導入を進める企業が増えています。

「まずはスモールスタートしてみたい」という場合には、頻繁に定型業務をおこなっているパソコン端末にデスクトップ型をインストールするのがいいかもしれません。また、テレワークが進んでいる企業の場合には、ネット上で部署メンバーみんなで使えるクラウド型もおすすめです。

自動化したい業務や操作可能なアプリケーションを定め、目的にあったRPAの導入をすすめましょう。

SaaS連携事例まとめ

【RPAツール紹介】プログラミング未経験者でも使えるBizteX社

業務自動化ツールを開発・提供するBizteXでは、2種類のRPAを取り扱っています。
それが、クラウドRPA「BizteX cobit」とデスクトップRPA「robop」です。

どちらもプログラミング知識を必要としないRPAで、操作の簡単さに定評があります。

RPAといえば、一般的に費用が高い印象がありスモールスタートには不向きな印象がありますが、BizteXでは月額2万円から利用できるRPAをご用意しております。ぜひお気軽にお問合せください。

業界トップの低コストを実現したクラウドRPA「BizteX cobit」

BizteXサービスの特徴

製品ページはこちら>>BizteX cobit

弊社BizteXが展開するクラウドRPA「BizteX cobit」では、1週間お試しできる無料トライアルを実施中です。トライアル時に作成したロボットは、導入後もそのままご利用いただけますので、ぜひお気軽に試してみてください。

「まず情報収集をしてから検討したい」という方には、クラウドRPAを無料で体験できるオンラインセミナー(毎週水曜に開催)やクラウドRPAに関するおすすめ資料集も用意しています。ぜひあわせてご活用ください。

デスクトップ上で展開される業務を自動化するRPA「robop」

デスクトップRPAの対応範囲

製品ページはこちら>>デスクトップRPA「robop」

robopは、デスクトップ領域における業務を自動化することができます。
インストール型のソフトはもちろん「自社開発ツール」や「独自の管理画面」といったレガシーシステムにも対応し、プライベート環境への構築など高いセキュリティを維持した自動化が可能です。

デスクトップ上のすべてのソフトやシステムを自動するため、「自社開発ツール」や「独自の管理画面」などレガシーシステムにも対応可能。導入時はもちろん、導入後も専任のCSによるレクチャーやトレーニングなども充実しています。

\今すぐ資料をダウンロード!/

RPAでできることとできないこと

【問い合わせ】RPA・業務効率化のお悩みはお気軽にご相談ください

今後ますます導入の必要性が高まるRPA。本記事で解説したように、RPAには「できること」と「できないこと」があります。RPAを導入を検討する際には、どの業務でRPAを活用していくのか、業務の洗い出しをおこないましょう。

【関連記事】>>【初心者向け】RPAとは?図解でわかりやすく簡単に説明!

また、RPAの導入時には、効率化させたい業務や使用規模、費用感にあわせてツールを選ぶことも大切です。
BizteXでは国内初のクラウドRPA「BizteX cobit」デスクトップRPA「robop」を開発・提供しています。
中小企業さまから大手企業さままで豊富な導入実績があり、万全のサポート体制によりお客さま満足度が非常に高いのが自慢です。

RPAや業務効率化、業務の自動化、業務改善に関することなど、御社のお悩みをお聞かせください。下記よりお気軽にご相談くださいませ。

LINEで送る
Pocket