作成
更新
キーワード
, , , ,

【業界別事例】パソコン業務を自動化するデスクトップRPA「robop」とは【導入の流れ】

本記事では、RPAの基本とあわせて、パソコン業務を効率化できるRPA「robop」をご紹介します。インストール型ソフトはもちろん、自社開発ツールや独自管理画面などのレガシーシステムにも対応し、高いセキュリティを維持した自動化が可能です。今すぐダウンロードできる業界別事例資料も公開中です。情報収集にお役立てください。

LINEで送る
Pocket

目次

【基本】業務効率化ツール「RPA」とはなに?

RPA(Robotic Process Automation)は、簡単に説明すると人間の代わりに業務をこなしてくれる自動化ツールのことです。

Robotic=ロボットによって、Process=処理・工程、Automation=自動化する

業務をこなすソフトウェアは通称「ロボット」と呼ばれます。ロボットによって、決まった手順の定型業務や繰り返しおこなうルーティンワークなどの自動化ができ、主にPC上でおこなう事務作業の分野で導入が進んでいます。

RPAを導入することで、Excel操作や業務管理ツールへのデータ入力、メール送信など、ふだん私たちが繰り返しおこなっている業務を自動化します。

RPAの用途は?

RPAの主な用途としては、既出のようなふだんパソコンでおこなっている定型業務の自動化です。

たとえば、経理でおこなわれる会計システムへの仕分け・経費・請求などの登録作業や給与計算、Excelなどを活用した顧客情報のデータ作成、競合情報の収集などが挙げられます。

これらはどれも同じ作業の繰り返しによって成り立つ作業のため、人の判断を必要としません。つまり、人の判断が必要な作業は、RPAで自動化することはできないといえます。

RPAの導入効果は?

RPAは業界や業務にかかわらず、さまざまなパターンのロボットを作成することができます。

複数のシステムをまたがった作業の自動化が可能になるため、工数削減による作業時間の短縮やヒューマンエラーを削減したりなどの生産性向上が期待できます。

たとえば、RPAで経理業務の処理を自動化させた場合・・・

これまで、手作業でおこなっていた会計システムへの仕分け・経費・請求の登録作業。
RPAで登録を自動化することで、システム操作・入力対応の手間がなくなります。

RPAの自動化例
▲従業員から送信されたメールの記載情報を確認し、各業務管理ツールに自動登録。作業完了後には経理担当に登録完了メールを送信(もしくは社内チャットに自動通知)します。

>>業界別活用事例集を今すぐダウンロード<<

とにかく使いやすいデスクトップ型RPA「robop」

BizteXでは、これまでにRPAを使いこなせなかった方にもおすすめできるツール、とにかく使いやすさにこだわった純国産RPA『robop』の開発・提供をしています。

プログラミングやITの知識は一切不要で、現場担当者が使いこなすことが可能です。robopでは、IT担当や情報システム部の力を借りることなく、業務自動化をすすめることが可能になります。

デスクトップRPAの対応範囲
デスクトップRPAの特徴

デスクトップ型RPA『robop』最大の特徴は、業務の引継ぎ作業をおこなっているような感覚で、ロボットに業務を覚えさせることができます。PC画面を画像認識し業務を覚えさせていくため、簡単にロボットを作成することができます。

さらに、導入にさいして特別な知識を必要としない点もrobopならでは。PC画面上で展開される業務であれば、誰もが簡単にロボット作成が可能なうえ、導入したその日から業務自動化を実現します。

とにかく使いやすいデスクトップ型RPA『robop』の魅力

①robopなら、エンジニアや技術者に頼らず、導入したその日から業務自動化が可能です

robopの操作において、従来のRPAに必要とされるプログラミング知識は一切不要です。
現場担当者が導入したその日のうちに使える操作性に定評があります。

②インストール、ブラウザアプリを含むすべてのソフトで発生する業務を自動化できます

ふだんご利用になられているすべてのインストールソフトのほか、ブラウザ上で動くアプリにおける業務自動化が可能です。また、社内独自の基幹システムや自社開発ツール、独自のインターフェイスにも問題なく対応します。

③robopならスモールスタートが可能!

導入コストを安く抑えられるのもrobopの魅力です。手軽なコストで業務自動化を実現できます。現在RPAを導入している場合、robopでコストカットを実現できるかもしれません。「業務自動化やDXをすすめたいけれど費用が気になる」というお悩みをお持ちの方もお気軽にお問合せください。

④RPAによる自動化支援を実施!お客さま満足度の高いサポートを無料で受けられます

RPAを導入するさいには、サポート体制の手厚さも大事なポイントです。BizteXでは、RPA導入時に実際に業務にあたる担当者に向けて、無料セミナーや個別面談を実施しています。チャットや電話、ZooMなど、お客さまのご都合にあわせたサポートをおこないます。

⑤無料トライアルで、業務自動化を体験できる

robopは、無料トライアルも実施中です。
トライアル期間中は、また、無料トライアル終了後にはお使いのアカウントをそのまま引き継げます。

デスクトップ型RPA『robop』よくある質問

①robopは、どの程度のITリテラシーがあれば活用できる?

ふだんの業務で、Excel操作やメールなどの業務アプリを利用する一般的な業務担当者がメインユーザーとなっています。
高いITリテラシーは必要なく、誰でも簡単に操作できるのがrobopの特徴です。

②robopは、多言語対応している?

ロボットの作成画面は、日本語・英語の切り替えが可能です。
また、画像認識機能では文字を含めて画像として認識するため、ターゲット画像については言語制約は一切ありません。

③業務量が多くロボットを作る時間があるか不安。ロボット作成は難しい?

robopは、とにかく使いやすさにこだわったRPAです。ロボット作成や操作はとても簡単に習得いただけます。業務の合間に、ロボットを構築することが可能です。
また、お困りのさいには、専属のサポートによるロボット作成支援もおこなっていますのでご安心ください。

④robopの無料トライアルに興味がある。まずは何から取り組むべき?

まずは、自動化対象業務の整理をおこなっていただき、実際にrobopを操作してみてください。製品にはトレーニングガイドが同報されておりますので、無料トライアル期間中に使いこなすことが可能です。

まずは、小さな個々の操作の自動化からスタートし、徐々に自動化範囲や対象業務を広げていくことで、無理なく習熟していただけるようになります。

⑤Webサイトや業務アプリのUIデザインが変更した場合に、問題なくロボットは動く?

robopは、画像認識機能を用いて業務自動化を図るため、対象のアプリに大幅なデザインの変更が発生した場合には、ロボットの修正作業が発生する場合もあります。
また、オブジェクト認識を用いたり、ショートカットキーの活用などで、デザインの変更に左右されることなくロボットを動かすことが可能です。

⑥他のRPAと、どう違うの?

robopと他社RPAとの違いについては、下記をご確認ください。

デスクトップ型RPA「robop」導入までの流れ

RPA導入の流れを解説

業界別デスクトップ型RPA『robop』活用事例公開中!

どの業界にも、毎日発生する定型業務はあります。
業界別の具体的な活用事例は、以下よりすぐにダウンロードいただけます。

>>業界別のRPA活用事例を確認する<<

それぞれの業界においてどのような業務を自動化できるのか、具体例をもとにくわしく解説しています。ぜひ情報収集にお役立てください。

【問い合わせ】RPA・業務効率化のお悩みは、お気軽にご相談ください【相談無料】

BizteXでは、国内初のクラウドRPA「BizteX cobit」デスクトップRPA「robop」SaaS連携プラットフォームiPaaS「BizteX Connect」の開発・提供をしています。

中小企業さまから大手企業さままで豊富な導入実績があり、万全のサポート体制によりお客さま満足度が非常に高いのが自慢です。RPAや業務効率化、業務の自動化、業務改善に関することなど、御社のお悩みをお聞かせください。

些細なことでも構いません。ぜひお気軽に下記よりお問い合せください。

LINEで送る
Pocket