作成
キーワード

【図解で解説】EC業界のRPA活用事例!データ集約や登録作業など幅広く自動化

通販やネットショップなど、EC運営においてRPAをどのように活用できるか事例を交えて紹介。EC運営では在庫管理や商品登録など、ノンコア業務が多数あります。それらをRPAでいかに軽減できるか解説します。

LINEで送る
Pocket

業務効率化や生産性向上を目的に、RPAを活用する企業が増えています。RPAで自動化できる業務は幅広く、さまざまな業界で導入が進んでいます。

そこで本記事では、そのなかでも近年成長が目覚ましい「EC業界」をピックアップ。

ECやネットショップにおいて、RPAをどのように活用できるか事例を交えながら解説します。

弊社BizteXでは、無料でダウンロードできる「ECサイト運営におけるRPAの活用事例」をご用意しています。活用法や事例についてより詳しく知りたい方は、ぜひご覧ください。

RPAとは?ECに関する単純業務を自動化可能!

RPA(Robotic Process Automation)とは、「ロボット」と呼ばれるソフトウェアが作業を自動化することです。

主に「手順の決まった単純業務」の自動化が得意で、たとえば以下のような業務を自動化できます。

・競合他社の出品価格の調査
・売上レポートの取得
・複数のモールにおける商品情報を一括で登録・更新

このような業務を人力で行うとなると、
・どうしても時間がかかってしまう
・ヒューマンエラーが起きるおそれがある
などのデメリットやリスクが生じてしまいます。

EC業務はとても煩雑ゆえ、多くの人的リソースがノンコア業務に集中

特にEC業務はとても煩雑で、ノンコア業務(直接利益につながらない業務)に時間をとられてしまっているケースが少なくありません。

ノンコア業務の領域こそ、RPAにより自動化できる業務が多く存在

ですがRPAならロボットが決まったルールに従って動くため、業務を大幅に効率化できるうえに、ミスの心配もありません。

業務をスピーディかつ確実にこなせるRPAは、生産性の向上に大いに役立つツールといえるでしょう。

※RPAについて詳しく知りたい方は、「【超・初心者向け】RPAとは?図解でわかりやすく簡単に説明!」をぜひご覧ください。

【図解で解説】EC・通販向けのRPA活用事例

EC運営の単純業務を、RPAで一挙軽減

ECやネットショップの運営において、さまざまな業務をRPAで代替することができます。

その中で、今回は下記2つの活用例を一部まとめました。

1. ブランド別に売上データを作成
2. 多品目の商品登録作業を自動化

図解を用いながら、一つ一つ紹介します。

【活用事例①】ブランド別に売上データを作成

【活用事例①】ブランド別に売上データを作成

販売サイトの各商品の売上データをダウンロードして、
・卸元への売上レポート作成
・自社の販売実績の確認レポート作成
などを手作業で行うのは手間がかかります。

ですが、RPAなら

①管理ページからCSVデータをダウンロード
②関数を組んだExcelやスプレッドシートに出力
③自動でデータを貼りつけることで、ブランド別のレポートが完成
④ブランド別にレポートを添付し、メールを送付

といった一連の作業を自動化できます。

ロボットを毎日稼働するように設定すれば、いままで1週間に1回しか数字を把握できなかったとしても、日次単位・時間単位で詳しくデータの取得が可能になり、PDCAサイクルを小さな周期で回すことができるようになります。

【活用事例②】多品目の商品登録作業を自動化

【活用事例②】多品目の商品登録作業を自動化

取り扱う商品数が多いと、販売サイトに商品登録するにも多くの時間がかかってしまいます。キャンペーン商品や季節物の商品など、商品の登録作業に日々追われることも多いのではないでしょうか?

RPAであれば、登録に必要な情報をスプレッドシートやExcelに登録し、決まった時間にタイマーを予約しておくことで、自動で商品を一括登録できます(複数のモールにも登録可)。

各モール毎にインポートの指定のフォーマットがあると思いますが、Excelやスプレッドシート側で事前にフォーマットを整えておくことでこれらが可能になります。

さらには、Excelやスプレッドシートに入力できた分からロボットが各モールに商品登録を行うことができるので、更新頻度を1日1回から1日10回などに増やすこともできます。

※EC系の業務自動化の事例については、「【EC業界向け】RPAで工数を削減!成功事例や導入ポイントを解説」でも解説しているので、ぜひご覧ください。

さまざまなEC業務を自動化するRPAの可能性

日本のBtoC-EC市場規模の推移(経済産業省)

日本のBtoC-EC市場規模の推移(経済産業省)

EC業界は年々拡大しており、2020年7月発表の「国内の消費者向けEC市場規模」を見ると、右肩上がりで成長している様子がよく分かります。

しかしその一方で、従業員の作業量や負担が増えたり、競争が激しくなったりなどの課題も存在します。さらには、少子高齢化で働き手が不足するなか、働き方改革への実現などにも配慮しなければなりません。

そこで大いに活躍するのがRPAです。

なぜならRPAは、
・定型的(決まった手順で行われる)
・反復的(繰り返し行われる)

な業務であれば、幅広く自動化が可能だからです。

RPAは大きく育てることを想定して、小さく入れることから始める

EC業界では、先にご紹介した「受注データの確認」「商品登録」の個人単位の作業をロボットで代替するところからスタートし、ゆくゆくは複数部門で行っている「発送業務」等まで作業を広げ自動化することが可能です。

発送業務に関しては自社在庫に紐づいているため、イレギュラー対応が発生するケースも多いため全てを自動化するには難しい部分もありますが、その他の型化した業務のプロセスをロボットにおきかえていくことができます。

フェーズと目的にわけ、まずは現状の業務プロセスを整理し、ロボットが小さくスタートができる業務を選択し実施することがポイントです。

導入を成功させるRPAツールの選び方

「RPA」といってもさまざまなツールがあり、そのなかで自社に適したツールを選ばなければ、大きな効果は見込めません。

RPA導入に成功するために、最低限チェックすべきポイントは主に3つです。

1. クラウド型か・オンプレミス型か

インターネット上で利用できる「クラウド型」と、自社内に専用PCなどを導入して利用する「オンプレミス型」では、予算も用途も大きく変わります。近年ではネット環境があればどこでも使えるクラウド型が主流ですが、導入目的に応じて検討が必要です。

2. ⾮エンジニアでも使いやすいか

実際にRPAを利用する現場は、非エンジニアであるケースがほとんどです。そのため「専門知識がなくても簡単に扱えるツールであるか」は要チェックです。

3. カスタマーサポートが充実しているか

RPAを導入・運用するにあたって、悩みやトラブルは必ず出てくるはず。そんなとき、頼れるサポート体制があるか事前に確認するのがおすすめです。


これらのポイントを参考に、さまざまなRPAツールを比較検討してみましょう。

RPAツールの選び方についてさらに詳しく知りたい方は、「失敗しないRPAツールの選び方!最適なツールを見つける5つのポイント」もぜひ参考にしてください。

「BizteX cobit」ならEC業務の自動化も簡単!

BizteX cobitの3つの特徴

先ほど紹介したとおり、RPAツールでチェックすべきは
1. クラウド型か・オンプレミス型か
2. ⾮エンジニアでも使いやすいか
3. カスタマーサポートが充実しているか

の3点でした。

そのなかでも、ネット環境があればどこでも使えるクラウド型をお求めでしたら、「BizteX cobit」がおすすめです。国内初のクラウドRPAとして開発され、使いやすく・低コストで・小さく始められるのが特徴のツールです。

直感的で使いやすいデザインのため、専門知識を持たない非エンジニアでも難なく操作できます。さらには、導入から運用まで一貫したサポート体制があるため、トラブルが起きても安心です。

今なら一週間の無料トライアルキャンペーンを実施しているので、この機会にぜひ試してみてはいかがでしょうか。

また、実際に「BizteX cobit」を導入して成果を上げた事例は、「クラウドRPAの導入事例」で紹介しているのでぜひ参考にしてください。

まとめ:RPAの活用事例を参考に導入を検討しよう

これまでの内容を改めてまとめます。

・RPAは「手順の決まった単純業務」の自動化に強い
・たとえば売上データの作成や、商品の登録作業など
・ECをより成長させるうえで、RPAは不可欠な存在といえる

EC業界は年々成長している一方で、作業量もどんどん増加しています。とはいえ、人手不足に悩む企業は多く、人員を増やすことはそう簡単ではありません。

ですがRPAなら、24時間365日働くデジタルレイバーとして、単純業務を自動でこなしてくれます。

ぜひ本記事で紹介した活用法や事例を参考に、RPAの導入を前向きに検討してみてください。

弊社BizteXが展開するクラウドRPA「BizteX cobit」は、非エンジニアでも使いやすくスモールスタートができるうえに、今なら一週間お試しできる無料トライアルを実施中です。

EC業界の企業様向けに、ECサイト運用の効率化や事例をまとめた資料もご用意しています。資料は無料でダウンロードできるので、ぜひご活用ください。

LINEで送る
Pocket