作成
更新
キーワード
,

【医療・福祉業界向け】RPA導入の事例と失敗しないツール選びのコツ

医療・福祉・介護業界における「人手不足や長時間労働」の解決策として、RPA(ロボットによる作業代行)が近年注目を集めています。その活用事例や失敗しないツール選びのコツについて紹介します。

LINEで送る
Pocket

医療・福祉の現場では、人手不足や長時間労働などの課題を抱えているケースが多いです。それらを解決する一手として、RPA(ロボットによる作業代行)が近年では強い注目を浴びています。

そこで本記事では、医療・福祉の現場でRPAがどのように役立つのか、活用事例を踏まえながら解説します。

業務の効率化はもちろん、働き方改革を推進するヒントにもなるはずなので、ぜひご一読を。

医療・福祉の現場にRPAが必要な理由

医療や福祉の現場では、「慢性的な人手不足」に悩まれている方は非常に多いです。

その結果、
・一人当たりの作業量が多くなり、
・負担が増えたことで従業員が離職してしまい、
・さらに人手不足が深刻化する
という負のループに陥ってしまうことも。

とはいえ、新しく人を雇うとなると採用/教育コストがかかるうえに、また離職してしまうリスクがあります。

その点、RPAなら人間の代わりに24時間365日作業をしてくれるので、以下のようなメリットを得られます。

・コストを抑えたうえで業務を効率化できる
・長時間労働や人手不足を改善できる
・人に依存しない体制を構築できる
・ノンコア業務をロボットに任せ、本来注力すべき業務に集中できる

特にRPAは「手順が決まっている業務」に強く、レポート作成やデータ入力などの自動化が得意です。

書類を扱ったタスクが多い医療・福祉の現場において、RPAとAI-OCRを連携・活用することで大きな効果を発揮してくれることでしょう。

【医療・福祉】RPAによる業務自動化・効率化の活用事例

医療・福祉業界におけるRPAの活用事例を一部まとめました。自社でも活かせそうな事例がないか、ぜひチェックしてみてください。

1. 書類・帳票のデータ入力を自動化
2. 訪問記録の入力業務の効率化
3. 各拠点からの報告情報の集約

図解を用いながら、一つ一つ紹介いたします。

【事例①】書類・帳票のデータ入力を自動化

書類・帳票のデータ入力を自動化

RPAとAI-OCRを連携すれば、書類情報の読み取りからデータの入力・更新までを大幅に効率化できます。

たとえば、従業員(派遣・契約含む)の労務情報を変更するとなると、取り扱う必要書類が多いうえに、一人一人のデータを更新しなければなりません。

さらには医療・福祉は他の業界と比べ人の入れ替わりが激しく、月初だけではなく月中に新しく入社される方もいるため、書類対応の頻度も多いです。

これらを手作業で行う場合、多くの時間がかかるばかりか、入力漏れなどの人的ミスも起きやすいです。

ですが、
・AI-OCRで書類内容を高精度に読み取り・データ化
・RPAでデータ内容を転記・更新
すれば、一連の作業を大幅に効率化できます。

時間を大幅に短縮できるほか、人的ミスの心配がないため、必要なのは最終確認だけ!

このように、「最低限のチェックのみ」で済む仕組みをRPAなら構築可能です。

【事例②】訪問記録の入力業務の効率化

訪問記録の入力業務の効率化

介護の現場では、書類を取り扱う業務が数多くあります。

例えば訪問介護の場合、ヘルパーは訪問した日時や介護内容を資料に手書きで記録し、報告することが多いです。

事業所ではヘルパーの報告書を集約し、目視で確認したうえで、1日200件ほど手入力するケースも。

ですがRPAとAI-OCRを連携することで、従来の業務フローを変更することなく、入力・転記業務を大幅に効率化することが可能です。

書類の入力時間が大幅に削減できるだけなく、チェックの手間が無くなり、介護以外の業務負荷をかなり軽減できます。

【事例③】各拠点からの報告情報の集約

各拠点からの報告情報の集約

RPAなら、各拠点(事務所)からの報告情報の集約も自動化できます。

各拠点から報告されるフォーマットが統一されていればよいのですが、
・メールでの送付
・紙での郵送
・FAXでの送信
など、事業所によってバラバラなケースも多いです。

その場合、本部でそれぞれのフォーマットを目視で確認・入力し、もし内容にエラーがあった際は該当の拠点に通知を入れます。これら一連の作業を全て手作業で実施し、非常に時間がかかっていました。

AI-OCRとRPAを連携すれば、
・メールの場合は、ExcelやCSVファイルの内容を転記
・紙やFAXの場合は、AI-OCRでテキストデータ化
することで、情報を一括管理してシステムに登録可能です。

必要なのは「エラーがないかのチェック作業」だけなので、大幅に業務を削減できます。

RPA導入に失敗しないツール選びのポイント3つ

業務を自動化できるRPAは、生産性向上や効率化に大きく役立ちます。とはいえ、「RPAならどれを選んでもいいのか」というと、決してそうではありません。

RPAにもそれぞれ種類や特徴があるので、その中から自社に最適なツールを選ぶ必要があります。

特に、以下3つのポイントはツール選定時に必ず押さえておきたいところです。

1. クラウド型か・オンプレミス型か
2. ⾮エンジニアでも使いやすいか
3. カスタマーサポートが充実しているか

一つ一つ紹介します。

1. クラウド型か・オンプレミス型か

RPAは以下の2種類に大きく分かれます。

・クラウド型(インターネット上でサービスを利用する形態)
・オンプレミス型(自社内に専用のサーバやPCを導入・運用する形態)

近年のトレンドでいうと、場所を問わず、低コストで使えるクラウド型が人気です。

とはいえ、それぞれ強みが異なるので自社に最適な運用形態をしっかり検討する必要があります。

※クラウド型・オンプレミス型の違いを詳しく知りたい方は、「RPAを比較!クラウド型とオンプレミス型の違いをスッキリ解説」をぜひ参考にしてください。

2. ⾮エンジニアでも使いやすいか

「せっかくRPAを導入したのに、現場であまり活用が進んでいない」という話は少なくありません。

RPAを最大限に活かすために、非エンジニアでも簡単に使いこなせるかはとても重要なポイントです。

・専門知識(プログラミング知識)がなくても操作できるか
・デザインは分かりやすいか
など、RPAの使いやすさにはぜひこだわりましょう。

3. カスタマーサポートが充実しているか

はじめてRPAを導入・運用する場合、多くのトラブルや悩みが出てくるかと思います。

そんなとき、ベンダー側(販売元)のカスタマーサポートが充実していれば、そのような事態もスムーズに乗り切れます。

多くのRPAツールは、導入前に無料トライアルを用意しています。その際にはツールの使い勝手だけでなく、ぜひ実際にカスタマーサポートを利用して体制のチェックもしてみてください。

※RPAツールのより詳しい選び方については、「失敗しないRPAツールの選び方!最適なツールを見つける5つのポイント」をぜひ参考にしてください。

BizteXなら「RPA × AI-OCR」で幅広く業務自動化!

改めて、RPAのツール選定で押さえておきたいポイントは以下の3つです。

1. クラウド型か・オンプレミス型か
2. ⾮エンジニアでも使いやすいか
3. カスタマーサポートが充実しているか

ちなみに、弊社BizteXが提供するクラウドRPA「BizteX cobit」なら、
・クラウド型でいつでも・どこでも使えて、
・専門知識がなくても直感的に操作でき、
・導入〜運用までのサポートも手厚い

ため、はじめてRPAを導入する場合でも安心です。

クラウド型なのでスモールスタートを得意にしており、「まずは低予算で小さくはじめてみたい」という方でもご利用しやすいツールです。

今なら1週間のトライアルキャンペーンを無料で行っているので、ぜひお気軽に試してみてください。

RPA無料トライアル

紙業務が多い医療・福祉業界の方には、AI-OCRがおすすめです。

AI-OCRを活用すれば、
・手書きの書類、帳票、FAX
・PDFやスマホの画像データ
などのテキスト部分を認識し、手動で入力せずともデータ化できます。

AIによって従来よりも手書き文字の認識精度が向上しており、データ化できる範囲も幅広くなりました。

また、
・AI-OCR「DX Suite」(AI inside株式会社様)
・AI-OCR「Tegaki」(株式会社Cogent Labs様)
パートナー契約を結https://www.biztex.co.jp/contact/んでおり、AI-OCR単体でのご提案から、RPAやiPaaS含めたスムーズな連携や全体の最適化のご提案が可能です。

※AI-OCRについて詳しく知りたい方は、「まだデータ入力で消耗してるの?「iPaaS × AI-OCR」を連携すればFAXや手書きのデータ入力を効率化!」をぜひ参考にしてください。

・AI-OCRの読み取り精度がどのくらいなのか知りたい
・自社の帳票が読み取れるのかチェックしてみたい
・まずはデモ動画をみてみたい
などの希望がありましたら、ぜひお気軽にお問合せいただけたらと思います。

お問い合わせはこちら

まとめ:医療・福祉での事例をもとにRPA導入を検討しよう

これまでの内容を、改めてまとめます。

・医療・福祉の現場で、RPA活用に注目が集まっている
・書類内容のデータ化やレポート作成など、活用法はさまざま
・RPA導入に失敗しないツール選びのポイント
  1. オンプレミス型か・クラウド型か
  2. ⾮エンジニアでも使いやすいか
  3. カスタマーサポートが充実しているか

医療・福祉の現場では、人手不足や長時間労働などの悩みを抱えているケースが非常に多いです。

ですがRPAなら、24時間365日働くデジタルレイバー(仮想知的労働者)として、人間の代わりに業務をこなしてくれます。

生産性向上や働き方改革の一助となりえるので、本記事で紹介した活用法や事例を参考に、ぜひRPAの導入を前向きに検討してみてください。

弊社BizteXが展開するクラウドRPA「BizteX cobit」では、一週間お試しできる無料トライアルを実施中です。

RPA無料トライアル

医療・福祉業界の企業様向けに、RPAの活用法や事例をまとめた資料もご用意しています。資料は無料でダウンロードできるので、ぜひご活用ください。

\プログラミング不要で簡単に操作できる!/

LINEで送る
Pocket