作成
更新
キーワード
, , ,

【業務自動化の方法】APIを使ったMicrosoft Teams連携【BizteX Connect】

中小企業から大企業まで導入がすすむビジネスチャット『Microsoft Teams』。GoogleDriveやGmail、box、Chat Plusなどとのシステム連携で、さらなる業務効率化が図れます。本記事ではプログラミングの知識がない方でも簡単に操作できるiPaaS『BizteX Connect』を用いた業務自動化例をご紹介します。

LINEで送る
Pocket

Microsoft Teams(マイクロソフトチームズ)とは

▲https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-teams/apps-and-workflows

Microsoft Teamsとは、チャットや会議、ファイルの共有・共同編集などをおこなうことができるビジネスチャットツールです。クラウド上にある共有ワークスペースにファイルなどを保管できるため、オフィス外での稼働や他拠点との連携を容易にします。

WordやExcel、PowerPoint、SharePointなどOffice 365アプリで共同作業がおこなえる点は、Microsoftの大きなポイントで、その利便性から業界・業種を問わずさまざまな企業で導入・活用されています。

『Microsoft Teams』×『BizteX Connect』で広がる業務自動化の可能性

Microsoft Teamsを連携する

既出のように、魅力的な機能が満載のMicrosoft Teamsですが、より効率化された業務フローの構築におすすめなのが、iPaaS『BizteX Connect』との併用です。

『Microsoft Teams』×『BizteX Connect』で、API連携を簡単に実現

Microsoft Teamsは、SFAやCRM、チャットボット、RPAほか、さまざまなツールと連携し、業務自動化をすすめることでさらなる効率化を実現。Microsoft Teamsをふだん利用しているサービスを連携することで、次の業務を自動化できます。

①メッセージを投稿する
②メンションにするメンバーを取得する

iPaaS『BizteX Connect』については、以下で詳しく解説していきます。

iPaaS『BizteX Connect』とは

SaaSとSaaSを連携する「iPaaS」で複雑な連携をシンプルに

iPaaS『BizteX Connect』は、プログラミングの知識がない方でも、簡単に操作することができるシステム連携ツール。“複雑なシステム連携をシンプルに”をコンセプトに開発されているため、誰もが簡単にSaaSやDB、RPAなどの接続・連携ができるようになります。

接続にはAPIを利用するため、確実で安全な連携やデータの高速処理を可能にします。さまざまなシステム連携をクラウド上で一元管理することで、常に変化し続けるビジネス環境に柔軟かつ迅速に対応できるワークスタイルを実現します。

iPaaS『BizteX Connect』の特徴

iPaaSが実現する効率化①:アプリをつなぐ

APIを利用し、クラウド・オンプレなど、複数のアプリやシステムを確実かつ安全に連携します。

iPaaSが実現する効率化②:データをつなぐ

アプリ(システム)間のリアルタイムでのデータ同期を実現。
重要資産であるデータ活用を強力にサポートします。

iPaaSが実現する効率化③:フローをつなぐ

異なるアプリ(システム)間をまたぐビジネスフローの設計・運用を可能にします。

【関連記事】>>【初心者向け】iPaaSとは?メリットや事例、RPAとの違いをやさしく解説

【図説】iPaaSを用いた『Microsoft Teams』関連業務自動化例

①『BizteX cobit』・『box』・『Microsoft Teams』を連携

自動化例▶KPIレポート定点観測後、チャット通知

BizteX cobit(クラウドRPA)で取得したKPIレポートをboxに格納し、その後Microsoft Teamsに通知します。レポートの作成から格納までを自動でおこなえるため、分析・施策立案の時間を創出し生産性を向上させます。

②『BizteX cobit』・『OneDrive』・『Microsoft Teams』を連携

自動化例▶KPIレポートの定点観測

BizteX cobit(クラウドRPA)で取得し終わったKPIレポートをOneDriveに格納し、その後Teamsに通知を行います。 レポートの作成から格納までを自動で行えるので、分析・施策立案の時間を増やし効果を最大化します。

③『Gmail』・『OneDrive』・『Microsoft Teams』を連携

自動化例▶請求書の自動保存と転送

メールに添付された請求書ファイルを自動で保存・転送し、Microsoft Teamsに通知します。 ヒューマンエラーによる対応漏れなどのミスを無くし、顧客との時間を創出します。

④『Googleスプレッドシート』・『Microsoft Teams』を連携

自動化例▶スプレッドシートが更新されるたびに通知をMicrosoft Teamsでおこなう

Googleスプレッドシートが更新されるたびに、Microsoft Teamsに通知します。
たとえば、顧客管理でGoogleスプレッドシートを活用している場合には、更新された直後に関係各所に通知できるため、情報共有にかかる手間を省き業務の効率化を実現します。

⑤『Chat Plus』・『Microsoft Teams』を連携

自動化例▶有人チャット対応で順番待ちの場合にMicrosoft Teamsで通知

ユーザーからのお問合せを受けたさい、有人チャットで順番待ちが発生するなどした場合にMicrosoft Teamsでアラートを通知します。

⑥『Chat Plus』・『Merketo』・『Microsoft Teams』を連携

自動化例▶チャットボットの問合せ情報をMarketoに連携し、Microsoft Teamsに通知する書の自動保存と自動転送を実行

チャットボットに入力された顧客情報をMarketoに自動登録し、Microsoft Teamsに即座に通知します。この業務自動化により生産性向上を実現します。

⑦『Chat Plus』・『pardot』・『Microsoft Teams』を連携

自動化例▶チャットボット登録情報をPardotに連携し、Microsoft Teamsで通知

チャットボットに入力された顧客情報をPardotに自動登録し、Microsoft Teamsに即座に通知します。この業務自動化により生産性向上を実現します。

【無料トライアル】『Microsoft Teams』とその他SaaSの連携はiPaaS『BizteX Connect』が実現します

Microsoft Teamsを連携する

iPaaS『BizteX Connect』は、無料トライアルを実施中です。

無料トライアルでは、すべての機能を実際にお試しいただけるだけでなく、メールでのサポートや操作レクチャーもご利用可能です。

また、2週間のトライアル期間でご利用になられたアカウントは、本格導入時にもそのまま引き継ぐことが可能です。ぜひお気軽にお申込みください。

【関連記事】>>【業務自動化】Chatworkと他システムをAPIを使って連携【BizteX Connect】

【関連記事】>>【業務自動化】『kintone』と他システムをAPIで連携!【BizteX Connect】

【問い合わせ】業務自動化・効率化のご相談はこちらから

BizteX株式会社では、誰でも簡単に扱えるプログラミング不要なiPaaS『BizteX Connect』を開発・提供しています。

中小企業さまから大手企業さままで豊富な導入実績があり、万全のサポート体制によりお客さま満足度が非常に高いのが自慢です。

iPaaSや業務効率化、業務の自動化、業務改善に関すること、その他クラウドサービス(RPAやAI-OCR、受発注システム)のことなど、御社のお悩みをお聞かせください。

業務自動化・効率化のお悩みは、ぜひお気軽に下記よりお問い合せください。

LINEで送る
Pocket