作成
更新
キーワード
, , , , ,

APIを使ったシステム連携でSlackに自動通知!業務効率化を促進【BizteX Connect】

ビジネスでの導入が進むメッセージプラットフォーム『Slack』。GoogleDriveやGmail、boxなどとのシステム連携で、さらなる業務効率化が図れます。本記事ではプログラミングの知識がない方でも簡単に操作できるシステム連携ツールiPaaS『BizteX Connect』を用いた業務自動化例をご紹介します。  

LINEで送る
Pocket

メッセージプラットフォーム Slackとは

Slackは、ビジネスシーンで使われるメッセージプラットフォームです。プロジェクトや部署、トピックごとなどにグループ分け機能を備えており、個人間のダイレクトメッセージも可能です。

slackとは
▲https://slack.com/intl/ja-jp/

Slack を使うことで、中小はもちろん、大企業であっても円滑にコミュニケーションを図れるようになります。

チャンネルはチーム毎、プロジェクト毎、拠点毎など、組織に適したかたちでいくつでも開設可能。さらにSlackアカウントさえ持っていれば、社外の組織ともグループ作成ができるのも魅力です。

Slackをその他ツールと連携させることで生まれるメリット

よりSlackを便利に活用したい場合、GoogleDriveやDX suite、Chatwork、GitHubの他、さまざまなツールとの連携がおすすめです。

Slackと普段利用しているツールを連携することで、以下のようなメリットが生まれます。

①部署・社内での情報共有が自動化できる
②素早く対応が可能になる
③円滑な業務フローを構築できる
④意思決定が早くなる
⑤業務効率化を実現する

ツール連携することで、他システム内の更新情報の受信や進捗状況の確認などを、管理画面を開く必要なく確認できるようになります。

これにより、スマホひとつで業務の進捗状況の確認がとれるため、チームメンバーのフォローも迅速におこなえるようになります。

チャット連携による業務自動化の方法と成功事例

Slackと他システム(SaaS)を簡単に連携する方法とは

iPaaS『BizteX Connect』で簡単に実装可能!

すでにSlackを導入している場合、BizteX Connectを活用することで、開発コストをかけずにさまざまなシステム・アプリケーションとの連携が可能です。この連携により、業務自動化による人件コストの削減、業務効率化を実現します。

『Slack』×『BizteX Connect』をAPI連携

『BizteX Connect』を用いることで、つぎの作業の自動化を実現します。

■メッセージを投稿
■ファイルを投稿
■ユーザー情報のメッセージ生成
■ メッセージ内のブロック削除
■ ボタン付きメッセ―ジの投稿
■ ユーザー情報の取得
■ フォームの表示

■メッセージの取得

以下で、iPaaS『BizteX Connect』とはどのようなサービスか、『BizteX Connect』を用いたシステム連携でどのような業務を自動化できるのか、詳しくご紹介します。

システム連携プラットフォームiPaaS『BizteX Connect』とは

slackと連携するツール

iPaaS『BizteX Connect』は、プログラミングの知識がない方でも、簡単に操作することができるシステム連携ツールです。
複雑なシステム連携をシンプルに”をコンセプトに開発されているため、誰もが簡単にSaaSやDB、RPAなどを接続・連携できるようになります。

接続にはAPIを利用しているため、確実で安全な連携やデータの高速処理の実現を可能にしています。

さまざまなシステム連携をクラウド上で一元管理することで、常に変化し続けるビジネス環境にも、柔軟かつ迅速に対応できるワークフローを構築します。

連携プラットフォーム『BizteX Connect』の特徴

開発の方針は、「ユーザーファースト」。「誰でも簡単にシステム連携ができるように」をコンセプトに開発されているため、操作時にはプログラミング知識は一切必要ありません。

さらにクラウドサービスとしてサブスクリプション型での提供のため、専用のPCやサーバの設置の必要もないほか、開発コストも不要です。

また、管理画面上で、連携サービス状況を一元管理することが可能。編集・実行・管理もおなじ画面でおこなえるので、簡単に扱えます。

新機能リリース時や仕様変更時には、随時アップデートが可能なため、将来の拡張性も担保します。

iPaaS『BizteX Connect』のポイントまとめ💡
①さまざまなシステムとシステムを、簡単につなぐことが可能
②連携シナリオを一元管理できる
③クラウドベースのため、安価に手早くシステム連携を実現する
④随時アップデート対応✨

【関連記事】>>【初心者向け】iPaaSとは?メリットや事例、RPAとの違いをやさしく解説

チャット連携による業務自動化の方法と成功事例

【図説】iPaaSを用いた『Slack』関連業務の自動化例

①『Gmail』・『OneDrive』・『Slack』を連携

自動化例▶請求書の自動保存と転送、作業完了通知・報告を完全自動化

メールとOneDriveとSlackを連携する方法

メールで送付された請求書ファイルをOneDriveの指定フォルダに自動で保存・転送します。
これにより、対応漏れなどのミスを無くすだけでなく、スピード感のある対応を実現。顧客との時間創出にも寄与します。

②RPA『BizteX cobit』・『GoogleDrive』・『Slack』を連携

自動化例▶KPIレポートを定点観測!KPAレポートを自動格納し、作業終了を自動通知

RPAとドライブとSlackを連携する方法

クラウドRPA『BizteX cobit』で取得したKPIレポートを、Google Driveに自動格納し、その後チャットツールに通知を自動でおこないます。
レポートの作成から格納、通知までを完全自動化できるため、分析・施策立案の時間を創出することが可能です。多くの工数がかかる業務を自動化することで、業務効率化に大きく寄与します。

③『BizteX cobit』と『Slack』を連携

自動化例▶RPAでスクリーンショットを自動取得し、Slackの特定チャンネルに自動通知

RPAとSlackを連携する方法

サイト内で取得したい箇所のスクリーンショットを取得。チャットツールの特定チャンネルに取得したスクリーンショットを投稿し通知することができます。

④『DX Suite』・『box』・『Slack』を連携

自動化例▶紙書類をデータ化し、自動で指定フォルダに保存。作業完了報告をチャットで自動通知

チャットとDX Suiteとboxを連携する方法

AI-OCR『DX suite』などで、書類を自動でデータ化した後、『box』などの指定フォルダへ自動保存します。作業完了後には、Slackの指定されたグループに自動通知します。

⑤『ChatPlus』・『pardot』・『Slack』を連携

自動化例▶チャットボットに登録された顧客情報をpardotに自動で登録し、作業完了報告をチャットで通知

チャットボットとぱーどっととSlackを連携

ChatPlusとpardot、SlackをAPI連携。チャットボットに入力された顧客情報をMAに自動登録し、SlackやChatworkなどのチャットツールに通知をだします。

⑥『ChatPlus』・『Marketo』・『Slack』を連携

自動化例▶チャットボットに登録された顧客情報をMarketoに自動で登録し、作業完了報告をチャットで通知 。作業完了報告をチャットで自動通知

チャットボットとMarketoとSlackを連携

ChatPlusとMarketo、SlackをAPI連携。チャットボットに入力された顧客情報をMAに自動登録し、SlackやChatworkなどのチャットツールに通知をだします。

⑦『ChatPlus』・『HubSpot』・『Slack』を連携

自動化例▶ チャットボットに登録された顧客情報をHubSpotに自動で登録し、作業完了報告をチャットで通知 。作業完了報告をチャットで自動通知 ルダに保存。作業完了報告をチャットで自動通知

チャットとHubSpotとSlackを連携

ChatPlusとHubSpot、SlackをAPI連携。チャットボットに入力された顧客情報をMAに自動登録し、SlackやChatworkなどのチャットツールに通知をだします。

⑧『ChatPlus』と『Slack』を連携

自動化例▶有人チャット対応で順番待ちの場合に、チャットツールで通知

slackとチャットボットを連携する方法

ユーザーからのお問い合せ業務において、有人チャットで「順番待ち」になった場合にチャットツール内特定のチャンネルにアラートを通知します。

⑨『Slack』と『Googleスプレッドシート』を連携

自動化例▶Slack上での稟議申請業務を自動化

slackとスプレッドシートを連携する方法

Slack上でフォームを呼び出し必要項目を入力するだけで稟議申請が完了します。承認者もSlack上で確認・対応が可能です。
同時にスプレッドシートに履歴を残すことができるため、情報一覧の確認・抜け漏れのチェックも容易におこなえます。

⑩『Slack』と『Slack』を連携

自動化例▶特定ワードが含まれる投稿を検知して報告

外部のゲストとやり取りしているチャンネルごとに、作業の完了報告が上がってくる場合「対応完了」や「終了報告」といった特定のワードからはじまる投稿を自動で検知。
特定のチャンネルに通知します。これにより、Slack上での業務管理や情報集約に役立ちます。

⑪『Slack』と『Googleスプレッドシート』を連携

自動化例▶特定のスタンプが押されたメッセージ情報を、Googleスプレッドシートに自動出力

slackとスプレッドシートを連携する方法

特定のチャンネルに投稿されたメッセージに対して指定したスタンプが押された場合に、その内容をGoogleスプレッドシートに転記します。
承認可否や確認スタンプを用意することで、承認・確認対応の簡略化が可能になります。

【無料トライアル】『Slack』とその他SaaSの連携はiPaaS『BizteX Connect』が実現します

slackを連携する方法

iPaaS『BizteX Connect』は、無料トライアルを実施中です。

無料トライアルでは、すべての機能を実際にお試しいただけるだけでなく、メールでのサポートや操作レクチャーもご利用可能です。

また、2週間のトライアル期間でご利用になられたアカウントは、本格導入時にもそのまま引き継ぐことが可能です。ぜひお気軽にお申込みください。

【問い合わせ】業務自動化・システム連携のご相談はこちらから

BizteX株式会社では、誰でも簡単に扱えるプログラミング不要なiPaaS『BizteX Connect』を開発・提供しています。

中小企業さまから大手企業さままで豊富な導入実績があり、万全のサポート体制によりお客さま満足度が非常に高いのが自慢です。

iPaaSや業務効率化、業務の自動化、業務改善に関すること、その他クラウドサービス(RPAやAI-OCR、受発注システム)のことなど、御社のお悩みをお聞かせください。

業務自動化・効率化のお悩みは、ぜひお気軽に下記フォームよりお問い合せください

LINEで送る
Pocket