作成
キーワード
, , , ,

【業務自動化】オンラインストレージ『box』と他システムをAPIで連携【BizteX Connect】

業界大手をはじめ多くのユーザーを抱えるクラウドストレージサービス『box』。boxは、メールやOCR、SFAなど各種業務管理ツールとの連携で、さらなる業務効率化が期待できます。本記事では誰でも簡単に操作できるシステム連携ツールiPaaS『BizteX Connect』を用いた自動化例を解説します。

LINEで送る
Pocket

クラウドストレージサービス『box』とは

▲https://www.box.com/ja-jp/home

boxは、日本のみならず世界で活用されるクラウドストレージサービスです。

クラウドストレージは、インターネット上にある「ディスクドライブ」のようなもの。画像やワード、エクセル、PDFなどビジネスで使うあらゆる形式のファイルを保存することができます。

クラウドで利用するため場所を問わずに操作可能で、テレワークやワークスタイルの多様化にも対応するクラウドストレージは、働き方が多様化する現在において必要不可欠なサービスといっても過言ではないでしょう。

各種業務ツールとのソリューション連携が可能

世界では95,000社以上、国内では5,200社以上の企業ユーザーをもつboxは、業界トップシェアを誇るサービスです。用途はさまざまで、クラウドコンテンツ管理も可能がほか、APIを利用した連携ソリューションも各社から提供されています。たとえば、GmailやSFA、CRM、OCR、ZOOMなどの各種業務ツールの連携が可能です。

boxとのソリューション連携を実現する場合、システムとシステムを簡単につなぐ連携ツール『BizteX Connect』がおすすめです。BizteX Connectを使えば、開発コストをかけることなく複数のシステム連携を簡単に実現します。

『BizteX Connect』で『box』と他システム(SaaS)を連携

iPaaS『BizteX Connect』で簡単に実装可能!

boxとのソリューション連携を検討している場合、iPaaS『BizteX Connect』をあわせて導入することで、API連携にかかる開発コストをかけることなく、さまざまなシステム・アプリケーションを繋ぐことが可能になります。このソリューション連携により、業務自動化による人件コストの削減、業務効率化を実現するでしょう。

『box』×『BizteX Connect』をAPI連携

BizteX Connectを用いることで、つぎの作業の自動化を実現します。

■ファイルをアップロードする
■ファイルをダウンロードする
■共有リンクを作成・更新する


以下で、iPaaS『BizteX Connect』とはどのようなサービスか、BizteX Connectを用いたシステム連携でどのような業務を自動化できるのか、詳しくご紹介します。

iPaaS『BizteX Connect』とは

iPaaS『BizteX Connect』は、プログラミングの知識がない方でも、簡単に操作することができるシステム連携ツールです。
複雑なシステム連携をシンプルに”をコンセプトに開発されているため、誰もが簡単にSaaSやDB、RPAなどを接続・連携できるようになります。

接続にはAPIを利用しているため、確実で安全な連携やデータの高速処理の実現を可能にしています。

さまざまなシステム連携をクラウド上で一元管理することで、常に変化し続けるビジネス環境にも、柔軟かつ迅速に対応できるワークフローを構築します。

『BizteX Connect』の特徴

BizteX Connectの開発の方針は、「ユーザーファースト」です。

「誰でも簡単にシステム連携ができるように」をコンセプトに開発されているため、操作時にはプログラミング知識は一切必要ありません。

さらにクラウドサービスとしてサブスクリプション型での提供のため、専用のPCやサーバの設置の必要もないほか、開発コストも不要です。

また、管理画面上で連携サービス状況を一元管理することも可能。編集・実行・管理もおなじ画面でおこなえるので、簡単に扱えます。

新機能リリース時や仕様変更時には、随時アップデートが可能なため、将来の拡張性も担保します。

iPaaS『BizteX Connect』のポイントまとめ💡

①さまざまなシステムとシステムを、簡単につなぐことが可能
②連携シナリオを一元管理できる
③クラウドベースのため、安価に手早くシステム連携を実現する
④随時アップデート対応✨

【関連記事】>>【初心者向け】iPaaSとは?メリットや事例、RPAとの違いをやさしく解説

『box』と『BizteX Connect』が創出する業務自動化メリット

先述のように、すでに『box』を導入している場合には、『BizteX Connect』を活用することでさまざまなソフトやアプリケーションとの連携が可能です。

この連携により、業務自動化による作業工数の削減や人件コストの削減はもちろん、ヒューマンエラーの防止や脱属人化の実現にも大きく寄与します。

以下で、BizteX Connectを用いてboxとその他システムを連携したさいの業務自動化例を詳しくご紹介します。

【図説】iPaaSを用いた『box』の関連業務自動化例

①『DX Suite』・『HubSpot』・『Chatwork』を連携

自動化例▶紙書類や画像をデータを文字データ化し、boxに自動保存。作業完了後、チャット連絡・通知します。

AI-OCR『DX Suite』で請求書などの紙書類やメール添付された請求書の情報を自動で文字データ化し、box内指定のフォルダへ自動で保存します。作業完了後には、ChatworkやSlackなどのチャットツールにて自動で通知が可能です。

②『box』と『freee会計』を連携

自動化例▶boxにアップロードされた領収書や請求書ファイルを、会計ツール『freee会計』のファイルボックスへ自動アップロードします。

freee会計とbox連携

特定のフォルダにアップロードされた請求書や領収書のファイルを自動でfreee会計のファイルボックスへアップロードします。
ファイルの確認漏れを無くし、手動でのファイルアップロード作業を削減することで、 ヒューマンエラーの防止に加えて作業品質の向上を実現できます。

③『box』・『DX Suite』・『Slack』を連携

自動化例▶画像データのフォルダ格納後、異なる形式の書類を自動で仕分けし自動で読み取りを開始。完了後、チャットに自動で通知

box内フォルダに帳票や画像データを格納すると、自動で仕分け・自動で画像データの読み取りを開始します。また作業完了後にはSlackやChatworkなどのチャットツール内指定グループに、自動通知します。

【関連記事】>>【業務自動化の方法】『HubSpot』と他システムをAPIで連携!【BizteX Connect】

【関連記事】>>【業務自動化】LINE WORKSをAPI連携して生産性向上を図ろう【BizteX Connect】

【無料トライアル】『box』とその他SaaSの連携はiPaaS『BizteX Connect』が実現します

iPaaS『BizteX Connect』は、無料トライアルを実施中です。

無料トライアルでは、すべての機能を実際にお試しいただけるだけでなく、メールでのサポートや操作レクチャーもご利用可能です。

また、2週間のトライアル期間でご利用になられたアカウントは、本格導入時にもそのまま引き継ぐことが可能です。ぜひお気軽にお申込みください。

>>無料トライアルを申し込む<<

【問い合わせ】業務自動化・効率化のご相談はこちらから

BizteX株式会社では、誰でも簡単に扱えるプログラミング不要なiPaaS『BizteX Connect』を開発・提供しています。

中小企業さまから大手企業さままで豊富な導入実績があり、万全のサポート体制によりお客さま満足度が非常に高いのが自慢です。

iPaaSや業務効率化、業務の自動化、業務改善に関すること、その他クラウドサービス(RPAやAI-OCR、受発注システム)のことなど、御社のお悩みをお聞かせください。

業務自動化・効率化のお悩み、ソリューション連携に関するご質問等は、ぜひお気軽に下記よりお問い合せください。

LINEで送る
Pocket