作成
更新
キーワード
, , ,

【基本】DXとは?意味やITとの違い、実現に貢献するツールを解説【相談無料】

DXは(デジタルトランスフォーメーション)の略で、これを日本語に訳すると「デジタル技術を浸透させることで、人々の生活をより良いものへと変革する」となります。企業はDXを「IT技術やデータを活用して、会社組織やビジネスモデルを改革し、サービスの提供方法を変えていく」と捉えるべきでしょう。 本記事では、企業にとてのDX(デジタルトランスフォーメーション)とはいったいなにか。DXの基本からメリット、さらに企業をDXさせる技術について解説していきます。

LINEで送る
Pocket

【基本】DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?

DXは、2004年にスウェーデン・ウメオ大学のエリック・ストルターマン教授によって提唱された概念です。その概念というのが、「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」といったもの。

この DXという言葉が日本で広まり、さらにニュースサイトやテレビ番組であたり前のように使われはじめたのは、ごく最近のことです。

きっかけとなったのは2018年には経済産業省によって発表された「DX推進ガイドライン」。日本ではこのガイドラインの登場でDX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉が広く認知されるようになりました。

DX推進ガイドラインの定義

経済産業省の「DX推進ガイドライン」では、DX(デジタルトランスフォーメーション)を次のように定義しています。

“企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や 社会のニーズをもとに、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務その ものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること”(参照:経済産業省

「DX」と「IT」の違いとは?

DX(デジタルトランスフォーメーション)は、たびたび、ITと混同されてしまいますが、この2点は大きく異なります。DXはITのように「技術」をさす言葉ではなく、あくまでも企業を変革させる「概念」を指す言葉だからです。

前述のようにDXはもとより、進化したデジタル技術を広く浸透させることで、人々の生活をよりよく変えていく考え方です。つまりこれは、単にデジタル技術によって変化させるのではなく、古くからあるルールや価値観を根本から覆すほどの「変革」を指しています。

一方でIT(Information Technology)は情報技術のこと。 インターネットなどの通信とコンピュータとを駆使してより便利に物事を進める技術であり、さまざまなものや仕組みをより便利におこなうための技術を指しています。

DXは、こうしたIT技術を使ったサービスや仕組みを浸透させて、ヒトやモノ、企業をより便利にしていくための変化や改革、流れを指します。つまり、DXはIT化の先にあるものというわけです。

DX(デジタルトランスフォーメーション)に踏み切る企業が多い理由

近ごろのITやデジタル技術の発展により、それに対応する新たなビジネスモデルを展開する企業の登場が目立つようになりました。これにより企業に求められるのは、社内のDX化おこない変革することが求められます。

――とはいえ、これまで続けてきた業務フローから大きくスタイルを変えることは厳しいのも実情でしょう。ですが、難しいからといってそのまま放置していてはいけません。

経済産業省による「2025年の崖」で日本政府は、日本企業における多くの問題・課題が2025年を節目に立ちはだかるという警鐘を鳴らしています。2025年の崖では、システム導入によるデータ管理の複雑化に加え、老朽化・ブラックボックス化した既存システムが残存した場合に想定される「国際競争への遅れ」や「国内経済の停滞」が懸念されています。

国際的にIT化が遅れている日本企業にとって、システムの刷新は急務かつ不可欠。この対応に取り残されることで市場での優位性を持てず、事業の機会損失を避けられなくなる可能性があるからです。

このような背景から、現在日本では国をあげてDXを推進する動きが活性化されています。DXに取り組む企業には税優遇策を実施するなど各支援策の充実や、新型コロナウイルスの感染拡大によるテレワーク(在宅勤務)推進によるデジタル技術活用の広まりが、DX化の浸透を後押ししているのです。

DX(デジタルトランスフォーメーション)のメリットとは?

このように国をあげて推進されているDX。DXを目指すことは企業にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。
大きくは、業務効率化労働環境の改善人手不足の解消新規事業や新たなサービスの開発といった4つが挙げられます。

一つずつ見ていきましょう。

1.業務効率化

RPAやiPaaSといった業務自動化ツールの導入で、対応漏れや入力ミスなどのヒューマンエラーを防ぐことが可能です。定型業務を自動化させたことにより、従業員はよりクリエイティブな業務に時間を割けるようになるでしょう。

2.労働環境の改善・「働き方改革」の実現

DXを進めることにより、労働環境を改善、そして働き方改革の実現が可能になります。RPAやiPaaSなど、現状の業務を自動化できるITツールを活用することで、定型業務に割く時間を大幅にカットできるようになります。

3.人手不足の解消

さらに、労働環境が改善されることにより、離職率の低下も期待できるでしょう。さらにAI-OCRなどをつかえば、請求書や支払書などの入力作業をまるまるカットできるため少ない人員で業務を遂行できるようになります。

4.新規事業や新たなサービスの開発

DXをすることにより、新規事業や新たなサービスをスタートさせることも可能です。たとえば、日本交通株式会社のようにAIカメラを利用することでより正確な道路の整備状況を把握し新たなルートを開拓するなど、顧客満足度の向上や業務の円滑化にに役立てることも可能です。

DXを成功させるためのポイント

DXを実現し成功させるうえで、いくつかのポイントがあります。

それが、
1.既存システムからの脱却
2.決定権限をもつ経営者・トップ層の参画
3.自社に合った適正なシステムの導入

です。一つずつ見ていきましょう。

1.既存システムからの脱却を図る

DXを成功させるために、おこなうべきことがあります。それが、既存システム・フローからの脱却です。これはDXを進めるうえでほとんどの企業がぶつかる壁でしょう。

DXを進めるために既存システムからの脱却を図ろうにも、中にある膨大なデータを新たなシステムへ移管させることが難しくDXが進まない企業が多いのも実情です。既存システムの老朽化により、なかなかDXを進められない企業は少なくありません。どのように既存システムからの脱却を図るかを検討することも、DXを目指す企業にとって重要なことでしょう。

2.決定権限を持つ経営者・トップ層の参画

DXには思い切った投資をおこなう必要があります。これには、プレイヤーだけれなく経営に関する重要事項や方針に関する決定権限を持つ経営者やトップ層が同じ方向をむいてDX化を促進していくことが大切です。新たな体制や方針を定めるには、会社の方針を定めていくために、その時々で過不足のない適正な投資額を決定するような体制が欠かせません。

3.自社に合った適正なシステムの導入

先述のように、DX化にあたっては IT技術を使ったサービスや仕組みの導入が必要です。このさいに気を付けなければならないのが、自社に合った適正なシステムを導入すること。たとえば導入したシステムが社内ルールに沿わなかったり、従業員が使いこなせないものであればまったく意味がありません。DX化はおろかコストの無駄づかいを招きます。

企業のDX実現に貢献するツール

RPA(アールピーエー)

RPAは、人間がおこなう業務を 代行・代替するソフトウェアロボットのことです。AI-OCRと組み合わせることで、抽出データを入力、集計、出力などといった一連の業務の自動化ができるようになります。

iPaaS(アイパース)

iPaaSは異なるシステム間にあるAPIを活用して連携し、業務を自動化します。ノンプログラミングでも連携設定ができることもiPaaSのメリットとして挙げられます。

AI-OCR(エーアイ オーシーアール)

AI-OCRは、請求書をはじめとした手書きの書類や帳票をAIが読み取り、データ化するシステム です。iPaaSやRPAとあわせて利用することでAI-OCRを含めた他システムとのスムーズな連携が可能です。

DXに悩んだら、BizteXにご相談ください【相談無料】

DX( デジタルトランスフォーメーション )は技術をさす用語ではなく、企業のあり方を変革させるほどの概念です。ITの技術を組み合わせてDXを実現することで、業務効率化や収益化につながります。

すでにDXにより、効果的な集客や業務改善につながったという例も少なくありません。新型コロナウィルスの流行によりテレワークを導入する企業が増えたいま、企業のDX化は必須といえます。

BizteX株式会社では、企業のDXを推進・サポートしています。まずはお気軽に下記よりお問い合わせください。

LINEで送る
Pocket