作成
キーワード
,

iPaaS連携でMAを最大限に活用!シナリオや活用事例を紹介

iPaaSを活用することで、MA(マーケティングオートメーション)のマーケティング活動はさらに効率化・自動化できます。そこで本記事では、iPaaSとMAを連携する効果や活用事例について紹介します。

LINEで送る
Pocket

マーケティング活動の自動化のため、マーケティングオートメーションを導入する企業が増えています。しかし、それに伴い顧客情報の管理や共有に悩む企業も増えてきました。

そこでおすすめなのが、異なるシステム同士をつなげ、業務効率化を実現するサービス「iPaaS」の活用です。

本記事では、iPaaSとマーケティングオートメーションの組み合わせによる効果や活用事例などを紹介します。

今のマーケティング活動をより効率的・効果的にするヒントを得られると思うので、ぜひ参考にしてください。

iPaaS連携でMAのマーケティングを効率化!

マーケティングオートメーション(以下、MA)を導入すると、これまで手作業で行っていた膨大なマーケティング活動を自動化・効率化できます。

とはいえ、
・顧客情報がバラバラで管理できていない
・営業部門との情報共有ができていない
など、データの連携・共有に対して課題を抱える企業は少なくありません。

通常MAツールはリードをナーチャリングし、営業チームにパスするリード醸成が目的です。そのためには、獲得したリードが全てMA内に入っていないと導入効果が薄まってしまいます。

せっかくMAを導入したのにしっかりと運用が回らず、みすみすホットリード(今すぐ客)を逃してしまうことも……。

そのような課題を解決するのに、iPaaSはとても効果的です。iPaaSは異なるシステム同士をつなげるサービスのことで、データの連携・統合を円滑にする「橋渡し役」のような存在です。

MAと他ツールをiPaaSで連携すれば、
・顧客情報を自動で同期
・顧客の最新情報を営業部門に通知

するなど、マーケティングや営業活動をより効率的・効果的にすることも。

データの入力・確認などに貴重な時間を費やすことなく、顧客とのコミュニケーションに集中できるので、より生産性のアップが期待できます。

そして何よりも、「そもそもリードが入っていない」という事態を回避できます。

iPaaSとMAを連携した具体的なシナリオ

iPaaSによって、MAと他ツールをどのように連携・活用できるのか、具体的なシナリオを一部紹介します。

①名刺管理ツールからMAに顧客情報を取り込む

イベントやセミナーを開催すると、規模によっては1日で数百枚の名刺の取り込みが必要になります。

その際に、
1. 名刺管理ツールに名刺を取り込む
2. データを出力する
3. MAに取り込む
などのような手順を行うとなると、時間ばかりがかかってしまいます。

ですがiPaaSを活用すると、名刺管理ツールで取り込みが終わった際にチャットツールで完了通知を設定でき、リード情報の追加や既に存在しているリード情報の更新をExcelやスプレットシートから自動で行うことができます。

②各種媒体から顧客情報をMAに取り込み

新しい見込み顧客に対してすぐにアプローチをすることは、アポイント転換率を高めることに繋がります。

ご利用のiPaaSと接続している媒体であれば、新しいリードが登録された際に自動でMAにインポートされます。

仮にiPaaSと未接続の媒体であっても新規リードが登録された際に通知を行い、RPAと連携することでリード情報をエクスポートすることができます。

エクスポートした情報はMA側に登録・更新することができるので、見込み顧客の関心の高いうちにアプローチすることが可能です。

③メール記載のリード情報をシートに反映し、MAに取り込み

リードを獲得する方法は、各種媒体、自社サイト、広告などさまざまです。

その中で、リードの情報がメールで送られてくるケースもあるかと思います。

その場合、例えば特定の件名やラベルがメールについている場合には、MAでリード情報を作成・または更新するということが可能になります。

作業完了後に、チャットツールで通知を送ることができるのでメールを見逃してしまった場合でも確認をすることができます。

④MAからSFAにリード情報を追加する

現在利用中のSFAによっては、MA側で生成されたリード情報を一度エクスポートし、SFA側にも取り込む必要があると思います。

iPaaSならMAに登録したリード情報を、新しいリードとしてSFAに連携し、内容をコピーすることが可能です。


このように、iPaaSならMAと他ツールを連携してさらなる業務の効率化を図れ、幅広く自動化が可能です。

【図解で解説】iPaaSとMAを連携した活用事例

ここからは、iPaaSとMAを連携した活用事例についてさらに詳しく見ていきましょう。

【活用事例①】ホットリードに素早くアプローチ

【活用事例①】ホットリードに素早くアプローチ

リード獲得を目的とした、各種メディアや広告媒体を運用しているとします。

資料請求などで獲得したリードをまとめてダウンロードし、MAにリード情報を自動で転記することがメディアや広告媒体によっては可能です。

APIがないメディアや広告媒体でも、RPAと連携することで同様のフローを実現できます。

転記が完了したら、iPaaS経由でチャットツールやGmailなどでインサイドセールスに更新完了を通知することも可能。

そうすれば、お客様の熱量が高いうちに電話でフォローやアプローチをすることができます。

【活用事例②】精密な顧客リストを作成

【活用事例②】精密な顧客リストを作成

名刺管理ツールや、Web商談で得たリード情報をスプレッドシートなどに記載すれば、MAに各情報を自動で転記できます。

転記が完了したら、チャットツールやGmailなどで通知を受け取ることも可能です。

手動でやるのと違い、入力漏れやミスの心配がなく、確認の手間も必要ありません。

顧客リストをしっかり構築できるので、週単位で新規追加されたユーザーに対して、メルマガなどのマーケ施策を即座に打つなどの対応も可能です。

iPaaSでMAや他ツールと連携するときの注意点

iPaaSで他ツールと連携することで、MAをより効果的に活用することが可能です。

とはいえ、iPaaSはすべてのツールやサービスと連携できるわけではありません

iPaaSはAPI(※)を利用して、データの取得や連携を行っています。つまりAPIがないツールの場合、そもそも連携自体ができないというわけです。

実際にiPaaS導入を検討する際には、「連携したいツールのAPIが公開されているか」を事前にチェックしておきましょう。

一方、人の代わりに決まった単純作業を行うRPAなら、APIを使わずとも自動化が可能です。オンプレミスのソフトウェアだとAPIがないケースが多いので、その場合はRPAを活用できないかをぜひ検討してみてください。

※API=開発元が一部機能を公開し、外部サービスでも利用できるようにするもの。

失敗しないiPaaSの選び方

iPaaSは海外製のものが多いため、「日本独自のサービスと連携できなかった」というのは少なくありません。

その点、国産のツールなら自社に合わせて連携がしやすいうえに、困ったときやトラブルがあったときにすぐ相談しやすいです。そのため、特別な理由がなければ国産ツールの利用がおすすめです。

弊社BizteXが提供するiPaaS「BizteX Connect」なら、メジャーな海外サービスに加えて国内サービスにも対応しています(※今後対応予定のものも含む)。

非エンジニアの方でも使いやすいように
・直感的な画面操作でサービス連携が可能
・プログラミングの知識は一切不要
・専用PCやサーバーの設置が不要

という特徴があるので、はじめてiPaaSをさわる方でも安心です。

さらには、自社サービスのクラウドRPA「BizteX cobit」とも標準で連携可能。iPaaSとRPAを組み合わせて活用することで、連携の幅も大きく広がり、最大限に自動化・効率化できます。

両サービス(iPaaSとRPA)を提供する数少ないベンダーとして、課題に応じて適切な解決策を提案できるので、業務の自動化・効率化で相談がありましたらお気軽にお問い合わせください。

まとめ:iPaaSとMAを連携してマーケティングで成果を出そう!

iPaaSとMAの組み合わせによる効果や活用事例について、改めてまとめます。

・iPaaSでMAと他ツールを連携すると、マーケティングや営業活動をより効率化できる

・iPaaSは特に「情報の連携・共有」の面で強い威力を発揮する

・iPaaSはAPIがないと連携できないため、事前にAPIがあるか確認が必要

MAと他ツールをiPaaSで連携すれば、さらに業務を効率化でき、生産性アップにつながります。ひいては利益の向上にもつながるので、ぜひiPaaSの導入を前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

弊社BizteXが展開するiPaaS「BizteX Connect」なら、多くのシステムと連携できるうえに、直感的で簡単に操作しやすいです。

iPaaSの導入をお考えでしたら、BizteXまでぜひお気軽にお問い合わせください。

LINEで送る
Pocket