作成
更新
キーワード
,

【初心者向け】iPaaSとは?メリットや事例、RPAとの違いをやさしく解説

さまざまなサービスやシステムを連携できるiPaaS(読み方:アイパース)。その基礎知識や市場動向、活用事例などを「初心者向け」にやさしく解説します。また、RPAとの比較やおすすめのiPaaS製品についても紹介します。

LINEで送る
Pocket

  • データの所在がバラバラで管理が大変……
  • 業務効率化のためにサービス同士を連携させたい

このような悩みを解決するため、近年では「iPaaS」というサービスを導入する企業が増えています。

とはいえ、iPaaSの普及は発展途上であり、iPaaSについて詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、
・そもそもiPaaSとはなにか
・iPaaSが注目される理由
・iPaaSを導入するメリット

などを初心者向けにやさしくお伝えします。

iPaaSの活用事例や、よく比較されるRPAとの違いについてもまとめたので、ぜひ参考にしてください。

弊社BizteXでは、業務効率化をサポートするiPaaSのトライアルや無料相談を行っています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

【基本】iPaaS(アイパース)とは?

iPaaS(Integration Platform as a Service)とは、複数のシステムを連携して業務自動化を実現するサービスのことです。

・バラバラに管理されているデータを統合する
・システム間の連携を円滑にする
など、あらゆるサービス同士をつなげる「橋渡し役」としての機能を持ちます。

たとえばSalesforceで商談が作成されたら、Slackにも自動で通知されるといった具合です。このように、iPaaSは業務の自動化・効率化を加速させるため、生産性アップが期待できます。

クラウド型(※1)のサービス同士をつなげるのはもちろん、オンプレミス型(※2)との連携も可能です。

iPaaSとSaaS / PaaS / IaaSの違い

クラウドサービスに関する用語として、iPaaSのほかにSaaS・PaaS・IaaSがあります。

それぞれの違いを以下の表にまとめたので、気になる方はぜひご覧ください。

SaaS
(サース)
・「Software as a Service」の略
・インターネット上でユーザーが利用できるサービス形態のこと(例. Gmail、Twitter、Dropbox)
PaaS
(パース)
・「Platform as a Service」の略
・アプリケーションソフトの稼働に必要なプラットフォームを、インターネット上で提供するサービス形態のこと(例. GAE、AWS)
IaaS
(イアース/アイアース)
・「Infrastructure as a Service」の略
・情報システムの稼働に必要なインフラを、インターネット上で提供するサービス形態のこと(例. GCE、Amazon EC2)

※1 クラウド型:インターネット上でサービスを利用する形態
※2 オンプレミス型:自社内に専用のサーバやPCを導入・運用する形態

日本でiPaaS導入が増えた理由は「データ統合の複雑化」

データの分散やクラウド化により、システム連携が課題に

昨今のテレワーク需要もあいまって、クラウド型のシステムを導入する企業が増えました。

自社内にサーバなどを導入する「オンプレミス型」と比べて、ネット環境があればどこでも使える「クラウド型」の方が、より簡単かつ便利に利用できるからです。

しかしその反面、企業内は大量のシステムであふれ、データの同期・連携などが複雑になるという新たな問題が起きました。

「請求書はfreee」「顧客情報はSalesforce」のように、データの所在がバラバラになったことで、円滑な運用・管理が難しくなったのです。

とはいえ、
・手動でデータを転記する
・自前で新しいプログラムを開発する
などをしていては、莫大なコストがかかるため生産的ではありません。

そこで登場したのが「iPaaS」です。iPaaSなら異なるサービスやシステムを連携させ、データの統合・管理をスムーズに行えます。

このようにコストを抑えつつ、業務効率を大幅にアップできるため、近年多くの企業がiPaaSに注目しているというわけです。

iPaaSの主要機能3つと活用事例

iPaaSでできることは、大きく3つあります。

1. サービスをつなぐ:APIを利用して、複数のサービスやシステムを確実かつ安全に連携

2. データをつなぐ:リアルタイムでデータを同期・高速処理

3. フローをつなぐ:異なるサービス間をまたぐビジネスフローを設計・運用

API(Application Programming Interface)とは、公式から用意されたソフトウェアの一部機能を利用できる仕組みのことです。

iPaaSはAPIを使ってデータの読み込みや書き込みを行うため、サービスの仕様変更に強く、安全に連携をおこなえます

実際にiPaaSをどのように活用できるのか、職種別に一部まとめました。

セールス 出先から情報アクセスをサポート(チャット → 各種システム → チャット)
・チャット経由で情報の登録・検索をスピーディに行い、営業マンの生産性向上をサポート。
・外からでも簡単に社内システムにアクセス可能。
マーケティング KPIレポートを定点観測して保存(RPA → Googleドライブ → Slack)
・管理画面からKPIレポートをダウンロード・保存し、チャット共有することで取得作業の頻度アップ。
・分析・施策立案にかかる時間をより最大化。
人事・労務 新しい従業員に必要なアカウントを一括発行(Googleフォーム → Gmail → 各アカウント)
・入力された情報をもとに、メールアドレスを発行して必要なアカウントをまとめて発行。
・転記作業やシステム毎のアカウント切替が不要に。

iPaaSをつかったサービス連携については、「【図解で解説】iPaaSによるサービス連携の事例・活用法を紹介!」で詳しく解説しています。

iPaaSをつかって自動化・効率化したい業務が明確な場合、以下の記事もぜひ参考にしてください。

iPaaSとRPAの違いをメリット・デメリットで比較

「業務の自動化・効率化を目指すサービス」という意味では、iPaaSとRPAは似ています(RPAの詳細は「RPAの基礎知識|導入メリットやコストのキホンを解説」を参考)。

両サービスの違いはなにか、メリット・デメリットなどを表にまとめました。

iPaaS RPA
課題領域 データやシステム連携・統合管理 定型業務の自動化
ソリューション API連携の包括的なプラットフォーム ロボットに人の作業を代行
主要機能 ・他サービスとの連携コネクタ
・ワークフローエンジン
・連携設計・実行ログの統合管理
・PC操作の録画・再生
・画面上の要素認識
・アプリケーションの起動・操作
メリット ・リアルタイムでデータを同期・連携
・PCの表示画面に依存せず連携可
・繰り返しの作業をミスなく行える
・デスクトップアプリの操作に対応
デメリット APIが公開されていないと、そもそもシステムを連携できない PC画面が複雑で変更が多いと、操作がストップするおそれ

表の内容を簡単にまとめると、以下の通りです。

・iPaaS:変化に強く高速処理できるが、利用できるのはAPIに対応しているサービスのみ

・RPA:iPaaSほど変化に強くないが、APIの有無にかかわらず自動化が可能

このように、iPaaSとRPAではそれぞれ得意とすること・苦手とすることが異なります。

「iPaaS vs RPA」のような対立構造で紹介されることがありますが、どちらか一方を使うのではなく、互いに補完する形で併用するのがおすすめです。

これにより、業務の自動化・効率化をより最大化させることができるからです。

iPaaSの市場規模と将来の動向

クラウドサービスの利用が進んでいる海外を中心に、iPaaS市場はどんどん拡大中です。調査会社のグローバルインフォメーション社によると、iPaaSの世界市場は以下のように成長すると予測されています。

・2020年:7億8,680万米ドル
・2027年:17億米ドル
・2020年~2027年のCAGR(年平均成長率):11.2%

※参考:サービスとしての統合プラットフォーム(IPaaS)の世界市場 – 株式会社グローバルインフォメーション

また、他の調査会社でも

・2022年:12億米ドル超
・2017〜2022年のCAGR:11.9%

のように予測されており、調査方法や細かい結果は違えど、右肩上がりで成長しているのが分かります。

※参考:Integration Platform as a Service (iPaaS) Market – Transparency Market Research

一方で、日本でのiPaaSの普及はまだ発展途上です。なぜならiPaaSは海外産のツールが多く、「日本語に対応していない」「国産のSaaSと連携できない」などの課題があったためです。

とはいえ、近年では
・国産のiPaaSツールが増えつつある
・クラウド化が加速してiPaaSの需要が高まっている

などの理由から、国内でもiPaaSの利用が急速に広がっています。

また、人手不足・競争力強化の課題を解決する一手として、生産性向上に役立つiPaaSの導入は今後も加速していくことでしょう。

「iPaaSの利用は当たり前」となる時代は、すぐそこまできています。

iPaaS製品とベンダーの選び方

iPaaSは海外で広がったサービスのため、海外産のiPaaSツールが現状多いです。

しかし、海外産だと
・英語で利用しなければならない
・日本独自のサービスと連携できない
といったトラブルが起きてしまうおそれがあります。

その点、国産のiPaaSツールなら使いやすくて国内サービスと連携しやすいうえに、困ったときにすぐ相談しやすいです。

なにか特別な理由がないのであれば、国産のツール利用をぜひ検討してみてください。

また、ツールの導入・運用にトラブルはつきものです。そのような事態を乗り切るために、ツールを提供するベンダー(販売元)のサポート体制や、業務自動化における実績は事前にチェックしておくのがおすすめです。

「iPaaS × RPA」による業務自動化がスムーズ!

BizteX Connect の特徴

弊社BizteXでは、簡単にサービスを連携できるiPaaS「BizteX Connectを展開しています。国内サービスはもちろん、メジャーな海外サービスにも対応しています。

簡単な画面操作でサービスを連携できるため、プログラミングの知識は一切必要ありません。直感的で非エンジニアの方でも使いやすいのが特徴です。

さらには、自社サービスのクラウドRPA「BizteX cobit」と標準で連携可能。

両サービス(iPaaSとRPA)を提供する数少ないベンダーとして、課題に応じて適切な解決策を提案できるので、業務の自動化・効率化で相談がありましたらお気軽にお問い合わせください。

まとめ:iPaaSはクラウド時代のデータ連携を解決するツール

改めて、これまでの話をまとめます。

・iPaaSとは、複数のシステムを連携して業務自動化を実現するサービスのこと

・クラウドサービスが多数登場し、データ統合が複雑化したことで注目が集まっている

・iPaaSの特徴は、APIを利用した確実で安全な連携や、データの高速処理などがある

iPaaSならさまざまなサービス同士をつなげて、データの統合や生産性の向上を図れます。

そのなかでも「BizteX Connect」は、多数の国内・海外サービスと連携でき、直感的に操作できて非エンジニアの方でも使いやすいです。

iPaaS活用による業務自動化をお考えでしたら、ぜひBizteXまでお気軽にお問い合わせいただけたらと思います。

RPAを含めた導入を検討中の場合、

なども用意しているので、こちらもぜひご活用ください。

iPaaS・業務効率化のお悩みは、お気軽にご相談ください【相談無料】

BizteXでは、プログラミング不要で簡単に使えるiPaaS「BizteX connect」を開発・提供しています。

中小企業さまから大手企業さままで豊富な導入実績があり、万全のサポート体制によりお客さま満足度が非常に高いのが自慢です。

iPaaSや業務効率化、業務の自動化、業務改善に関すること、その他クラウドサービス(RPAやAI-OCR、受発注システム)のことなど、御社のお悩みをお聞かせください。

ぜひお気軽に下記よりお問い合せください。

LINEで送る
Pocket