作成
更新
キーワード
,

【初心者向け】iPaaSとは?注目される理由や特徴をまとめて解説

クラウド型のシステム導入が加速するのに伴い、「データ統合の複雑化」という新たな問題が出てきました。そこで今注目を集めているサービスが「iPaaS」です。本記事ではiPaaSとはなにか、初心者向けにやさしくお伝えします。

LINEで送る
Pocket

  • データがバラバラで取り出すのが大変……
  • 業務効率化のためにサービスを連携させたい

もしそのような悩みをお持ちでしたら、「iPaaS」というサービスを活用するのがおすすめです。

異なるサービスをスムーズに連携させることで、生産性アップを図れるからです。

この記事では、

  • そもそもiPaaSとはなにか
  • iPaaSが注目を集める理由
  • iPaaSの特徴や主要機能

などをお伝えします。

iPaaSとよく比較されるRPAとの違いについてもまとめたので、ぜひ参考にしてください。

iPaaSとは?SaaS / PaaS / IaaSとの違いも解説

iPaaS(Integration Platform as a Service)とは、複数のシステムを連携して業務自動化を実現するサービスのことです。読み方は「アイパース」。

・バラバラに管理されているデータを統合する
・システム間の連携を円滑にする
など、あらゆるサービス同士をつなげる「橋渡し役」としての機能を持ちます。

たとえばSalesforceで商談が作成されたら、Slackにも自動で通知されるといった具合です。このように、iPaaSは業務の自動化・効率化を加速させるため、生産性アップが期待できます。

クラウド型(※1)のサービス同士をつなげるのはもちろん、オンプレミス型(※2)との連携も可能です。

クラウドサービスに関する用語として、iPaaSのほかにSaaS・PaaS・IaaSがあります。それぞれの違いを以下の表にまとめたので、気になる方はぜひご覧ください。

SaaS
(サース)
インターネット上でユーザーが利用できるサービス形態
・「Software as a Service」の略
・例. Gmail、Twitter、Dropbox など
PaaS
(パース)
アプリケーションソフトの稼働に必要なプラットフォームを、インターネット上で提供するサービス形態
・「Platform as a Service」の略
・例. Google App Engine、Amazon Web Service など
IaaS
(イアース/アイアース)
情報システムの稼働に必要なインフラを、インターネット上で提供するサービス形態
・「Infrastructure as a Service」の略
・例. Google Compute Engine、Amazon Elastic Compute Cloud など

※1 クラウド型:インターネット上でサービスを利用する形態
※2 オンプレミス型:自社内に専用のサーバやPCを導入・運用する形態

iPaaS台頭の理由は「データ統合の複雑化」

昨今のテレワーク需要もあいまって、クラウド型のシステムを導入する企業が多くなっています。

オンプレミス型と比べて、クラウド型の方がより迅速かつ簡単に利用できるからです。

しかしその結果、企業内に大量のシステムがあふれ、データの同期・連携などが複雑化するという新たな問題が起きました。

請求書はfreee、顧客情報はSalesforceなどのように、データがバラバラになったことで円滑な活用・管理が難しくなったのです。

・手動でデータを転記する
・自前で新しいプログラムを開発する
などをしていては、莫大なコストがかかるため生産的ではありません。

そこで登場したのが、iPaaSです。iPaaSなら異なるサービス同士を連携させ、データの統合・管理をスムーズに行えます。

このようにコストを抑えつつ、業務効率を大幅にアップできるため、近年多くの企業がiPaaSへの関心を高めています。

iPaaSの特徴は?主要機能やできること3つ

iPaaSの特徴や主要機能は、大きく3つあります。

1. サービスをつなぐ:APIを利用して、複数のサービス・アプリを確実かつ安全に連携

2. データをつなぐ:リアルタイムでデータを同期・高速処理

3. フローをつなぐ:異なるサービス間をまたぐビジネスフローを設計・運用

API(Application Programming Interface)とは、公式から用意されたソフトウェアの一部機能を利用できる仕組みのことです。

APIを使ってデータの読み込み・書き込みを行うため、サービスの仕様変更に強く、安全に連携を行えます。

実際にiPaaSをどのように活用できるのか、職種別に一部まとめました。これらの活用法を参考に、iPaaSで自動化できる業務がないかぜひチェックしてみてください。

セールス 出先から情報アクセスをサポート
(チャット → 各種システム → チャット)
外からでも簡単に社内システムにアクセス可能。
チャット経由で情報の登録・検索をスピーディに行い、営業マンの生産性向上をサポート。
マーケティング KPIレポートを定点観測して保存
(RPA → Googleドライブ → Slack)
管理画面からKPIレポートをダウンロード・保存し、チャット共有することで取得作業の頻度アップ。
分析・施策立案にかかる時間をより最大化。
人事・労務 新しい従業員に必要なアカウントを一括発行
(Googleフォーム → Gmail → 各種アカウント)
入力された情報をもとに、メールアドレスを発行して必要なアカウントをまとめて発行。
転記作業やシステム毎のアカウント切替が不要に。

iPaaSとRPAの違いをメリット・デメリットで比較

「業務の自動化・効率化を目指すサービス」という意味では、iPaaSとRPAは似ています(RPAの詳細は「RPAの基礎知識|導入メリットやコストのキホンを解説」を参考)。

両サービスの違いはなにか、メリット・デメリットなどを表にまとめました。

iPaaS RPA
課題領域 データやシステム連携・統合管理 定型業務の自動化
ソリューション API連携の包括的なプラットフォーム ロボットに人の作業を代行
主要機能 ・他サービスとの連携コネクタ
・ワークフローエンジン
・連携設計・実行ログの統合管理
・PC操作の録画・再生
・画面上の要素認識
・アプリケーションの起動・操作
メリット ・リアルタイムでデータを同期・連携
・PCの表示画面に依存せず連携可
・繰り返しの作業をミスなく行える
・デスクトップアプリの操作に対応
デメリット APIが公開されていないと、そもそもシステムを連携できない PC画面が複雑で変更が多いと、操作がストップするおそれ

表の内容を簡単にまとめると、以下の通りです。

・iPaaS:変化に強く高速処理できるが、利用できるのはAPIに対応しているサービスのみ

・RPA:iPaaSほど変化に強くないが、APIの有無にかかわらず自動化が可能

このように、iPaaSとRPAではそれぞれ得意とすること・苦手とすることが異なります。

「iPaaS vs RPA」のような対立構造で紹介されることがありますが、どちらか一方を使うのではなく、互いに補完する形で併用するのがおすすめです。

これにより、業務の自動化・効率化をより最大化させることができるからです。

BizteXなら「iPaaS × RPA」の連携がスムーズ!

iPaaSは欧米を中心に広がったサービスであるため、日本独自のサービスと連携できないケースは少なくありません。

ですが、弊社BizteXが展開するiPaaS「BizteX Connectなら、メジャーな海外サービスに加えて国内サービスにも対応しています。

▼対応サービス例
・海外(Salesforce、Marketo、Microsoft Teams、Slack など)
・国内(COMPANY、kintone、Chatwork、BizteX cobit など)

※今後対応予定のものを含む

簡単な画面操作でサービスを連携できるため、プログラミングの知識は一切必要ありません。直感的で非エンジニアの方でも使いやすいのが特徴です。

さらには、自社サービスのクラウドRPA「BizteX cobit」と標準で連携可能。

このように数多くのサービスと連携し、簡単・便利に利用できる国産iPaaSを目指して、「Biztex Connect」はサービスを拡充中です。

業務自動化・効率化について悩みや相談がありましたら、まずはBizteXまでお気軽にお問い合わせください。

まとめ:iPaaSはクラウド時代のデータ連携を解決するツール

改めて、これまでの話をまとめます。

・iPaaSとは、複数のシステムを連携して業務自動化を実現するサービスのこと

・クラウドサービスが多数登場し、データ統合が複雑化したことで注目が集まっている

・iPaaSの特徴は、APIを利用した確実で安全な連携や、データの高速処理などがある

・iPaaSとRPAを組み合わせることで、業務自動化をより最大化できる

iPaaSならさまざまなサービス同士をつなげて、データの統合や生産性の向上を図れます。

そのなかでも「BizteX Connect」は、多数の国内・海外サービスと連携でき、直感的に操作できて非エンジニアの方でも使いやすいです。

iPaaS活用による業務自動化をお考えでしたら、ぜひBizteXまでお気軽にお問い合わせいただけたらと思います。

RPAを含めた導入を検討中の場合、

なども用意しているので、こちらもぜひご活用ください。

LINEで送る
Pocket